儲けしようと企ん

5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼はその秘密を利用してひと儲けしようと企んだに違いない。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 不二子は、誰かが闇ルートで超小型原爆を取引しようとしていることを嗅ぎつけ、そのことで一儲けしようと企んだのだ。
  • スキナー料理長は暫定的にレストラン《グストー》のオーナーになっており、グストーの名を借りた冷凍食品の販売で一儲けしようと企んでいた。
  • 紀久子はジャズブームに便乗びんじようして一もうけしようとたくらんだ。 森村誠一『新幹線殺人事件』より引用
  • 地上げ屋の河野又造と、黒狼谷の残党の瀬高六郎らは、珠江と雅彦をかついで一儲けしようと企んでいたようだが、事態がもつれたので村山雅彦を見限り、二人だけでこの際、夏希の父、虎三から三億円を脅し取って、夏希も処分し、高飛びしようと仕組んでいたことのようである。 南里征典『武蔵野薔薇夫人』より引用