儲けさせてくれる

12 の用例 (0.00 秒)
  • そのうえ儲けさせてくれるのだから、いうことないんじゃないですか。 山口瞳『草競馬流浪記』より引用
  • 議会でもはじまれば、西部の連中が値をあおって儲けさせてくれるよ。 ハメット/砧一郎訳『影なき男』より引用
  • うまくやってくれたら、フランソワは金を儲けさせてくれる旦那になるぜ。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(3)』より引用
  • あの男が生きてる時にだれもかれもあの男をこわがって寄りつかないようにしたがそれは死んでからこうして私たちにもうけさせてくれるためだったんだよ。 ディケンズ/村岡花子訳『クリスマス・カロル』より引用
  • 目を楽しませてくれて、いい気分にしてくれて、何年かたてば完璧かんぺきもうけさせてくれる。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • 己に金をもうけさせてくれるものの前には這いつくばう。 森鴎外『雁』より引用
  • 私の店員たちはまともな連中で、私に金を儲けさせてくれる。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(3)』より引用
  • 歌舞伎町という街は、二十五坪の狭い店でも、それだけの大金を儲けさせてくれる。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 近年の西洋小鳥の流行などは、最初極めて目に立つ方法を以て、五度か七度法外な高値の取引をして見せるだけのことで、それから以上は世間で評判を作り、僅な間に有得べからざる相場が出来、かねて用意して居る者を儲けさせてくれる。 種村季弘『迷信博覧会』より引用
  • あのお二人さんのことなど、とうに念頭から去って、マイルズの家まであと十五マイルというころから、ぼくは、やがてぼくに大金を儲けさせてくれること疑いなしの、出来たてのほやほやの新発明二種類のアイデアを楽しんでいた。 ハインライン『夏への扉』より引用
  • 年金と月々の利得を資本として積み立て、これをクルヴェルの儲けさせてくれる利益でふとらせたものだった。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(上)』より引用
  • もし、そういう変わった貨幣をさがす際に儲けさせてくれる連中を銭箱の引き出しにでも近づけたら、なんとも手際よくチョロマカされるのは請合いである。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(4)』より引用