優良賃貸住宅

12 の用例 (0.00 秒)
  • 一部の高層棟は高齢者向け優良賃貸住宅に指定されている。
  • この制度では、高齢者向け優良賃貸住宅の建設等をしようとする者は、まず供給計画を作成し知事の認定を受けなければならない。
  • ただし、一部自治体による家賃補助等の制度は、地域優良賃貸住宅制度として継続される。
  • 愛知県住宅供給公社が管理している特定優良賃貸住宅である。
  • 高齢者向け優良賃貸住宅とは、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づいて建築された高齢者向けの賃貸住宅を指す。
  • 高齢者住宅の登録制度の整理により、高齢者専用賃貸住宅及び高齢者向け優良賃貸住宅も含めて、サービス付き高齢者向け住宅に一本化されることにより、高齢者円滑入居賃貸住宅は廃止された。
  • 特定優良賃貸住宅とは、「特定優良賃貸住宅の供給の促進に関する法律」に基づき、主に中程度の所得階層のファミリー向けに供給される賃貸住宅のことで、地方自治体または地方住宅供給公社が建設する場合と、国及び地方自治体の補助を受けて民間事業者が建設する場合がある。
  • その後、賃貸住宅の市場動向の変化による空家率の上昇や、高齢者向け優良賃貸住宅の供給が思うように進んでいないなどの事情により、入居資格を緩和するとともに、高齢者向け優良賃貸住宅等を合わせて、地域優良賃貸住宅制度に改編された。
  • 主な認定要件は、高齢者向け優良賃貸住宅整備基準に適合すること、住宅の管理業務を、知事の定める基準に定める者が行うこと、入居者は公募すること、24時間の緊急時対応サービスを提供すること、の4つである。
  • 「高齢者住まい法」には2011年の改正前に、高齢者円滑入居賃貸住宅・高齢者専用賃貸住宅・高齢者向け優良賃貸住宅の3つの登録制度があった。
  • 高齢者向け優良賃貸住宅等の制度と併せて地域優良賃貸住宅と呼ぶ場合や、自治体によって、独自に「都民住宅」「都市型民間賃貸住宅」、「区民住宅」などと呼ぶ場合があり、制度内容にもいくつかのバリエーションがある。
  • 例えば、この改正により「高齢者円滑入居賃貸住宅」「高齢者専用賃貸住宅」「高齢者向け優良賃貸住宅」の概念自体がなくなっている。

優良賃貸住宅 の使われ方