優良品種

32 の用例 (0.00 秒)
  • こうした結びつきは、優良品種の開発や普及の面で大きな役割を果たした。
  • 「上育418号」の系統番号で試験され、北海道の優良品種となった。
  • 「空育114号」の系統番号で試験され、北海道の優良品種となった。
  • 北海道では、健全なソバ生産のため優良品種制度を実施している。
  • 岡山で、偶然優良品種の桃が大久保重五郎により発見されたのが白桃である。
  • この品種は交配親としても重視され、多くの優良品種を生み出した。
  • 雄町は優秀な酒造好適米として各地で交配種として使用され、山田錦や五百万石などの優良品種の親として重宝された。
  • また、それまでは晩生種ばかりだったのだが、多くの早生種を含む優良品種が多数発見され、盛んに品種改良が行われた。
  • 「空育163号」の系統番号で試験され、2001年に北海道の優良品種として採用された。
  • しかし野生から新品種が発見されることは稀であり、その一方で実生生産量の多いフウランでは、それに比例して優れた個体が次々と選別され、自然界での発見が期待できないような優良品種まで出現するに至っている。
  • そのため、新石器時代以来、原産地で栽培化に成功した人間が、挿し木によって優良品種のクローンを維持して今日に伝えたものである。
  • 近年、不正に日本から持ち出された日本国内の優良品種の種駒で栽培を行い、安価な輸入品が増えており、これに対し日本が2001年にセーフガードを発動するなど貿易摩擦が起きたこともある。
  • 優良品種は、助成金等の対象となっている。
  • 支援策は、コメの優良品種の開発、農業技術の改善、人材育成等多岐にわたる。
  • これによって、優良品種のクローンを継続的に確保できるし、また種子繁殖よりはるかに短いサイクルで果実を得ることができる。
  • リレー栽培以外でも寒うどに替わる優良品種の導入や穴蔵軟化法の改良と普及、夏うどの大阪市場への販路拡大などに幅広い情報を駆使して行動した。
  • 優良品種の精液が流通しており、人工授精により行われる。
  • りんご生産者たちは試行錯誤を重ねた上、青森県の気候風土に合う優良品種7種を推奨し、紅絞と祝もその中に入っていた。
  • 構成資産は富岡製糸場および3件の「富岡製糸場が進めた蚕の優良品種の開発とその普及に重要な役割を果たした」養蚕業関連の文化財である。
  • その理由は、田島弥平旧宅、高山社跡と共通する優良品種の開発・普及のほか、養蚕業を1年に複数回できるようにする上で蚕種貯蔵風穴の存在は大きく、荒船風穴はその典型例かつ最大規模であったことである。
  • 次へ »