優等生

全て 名詞
1,164 の用例 (0.01 秒)
  • 最優等生として彼の名が読みあげられるのも孤独の思いを抱いて聞いた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • 自分が優等生を演じているのは確かだが、今の言葉は許せないと思えた。 岩本隆雄『星虫』より引用
  • 彼女は優等生ゆうとうせいではなかったが、人気があったので投票で級長に決まった。 柳美里『水辺のゆりかご』より引用
  • 日本の学校出は、優等生でも世間のことも機械のことも知らない者が多い。 柳田邦男『空白の天気図』より引用
  • 彼は、一時は、自分のあまりにも優等生的な性格に劣等感を抱いていた。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • 以前とは一転として優等生として過ごし、優秀な成績を収めて卒業した。
  • だから一般的には美人で優等生で、性格にも問題はないように見えた。 樋口有介『魔女』より引用
  • 特に優等生タイプの女の子たちからは毛虫みたいに拒否されていたね。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • 子供の頃のあいつは、本当に誰から見ても理想的な優等生だったのではないか。 奈須きのこ『DDD HandS』より引用
  • その気になれば、オルドリン史上最強の優等生に不可能はないのだった。 秋山瑞人『E.G.コンバット』より引用
  • そんな風で、幼年学校にいた間、あらゆる学科の最優等生となっていた。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • そんな風で、幼年学校にゐた間、あらゆる学科の最優等生になつてゐた。 森林太郎『パアテル・セルギウス』より引用
  • 孤高の優等生の仮面をつけてさえいれば、 僕は自分を保っていられた。 暁works『るいは智を呼ぶ② 花城花鶏』より引用
  • しばしばうちに電話をかけてくるのが、優等生の宮原だったらどうだろう? 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • 大学の優等生はこれを尻目しりめに見て三菱・三井・住友に入ってしまうのだ。 草柳大蔵『実力者の条件 この人たちのエッセンス』より引用
  • 来年度の生徒会をまとめていく人物だとか、優等生の友達が多いとか。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • ぼくがファイター訓練専門学校の優等生で、護衛員候補だったからである。 眉村卓『不定期エスパー3』より引用
  • 習慣は他にもいろいろあるが、それに従うのが、優等生とされている。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • そんな優等生の辰吉がこんな格好をしているのには理由があった。 松野秋鳴『えむえむっ! 第01巻』より引用
  • 続いて出演したフジテレビのドラマ青い瞳の聖ライフでは優等生役を演じた。
  • 次へ »