優秀な産駒

17 の例文 (0.00 秒)
  • 日本へは優秀な産駒がかなり輸入され、一定の成功をおさめた。 ...
  • 一方、こうして長く現役として活躍した牝馬からも優秀な産駒が誕生するようになったことにより生産界の考え方にも変化が生じてきたほか、ヨーロッパでも競走馬としての牝馬の価値を重視する傾向が強まってきた。 ...
  • 以降の産駒は競走馬としての大成はできなかったが、各牝駒が母あるいは祖母として優秀な産駒を次々と輩出し、牝系が大きく広がった。 ...
  • これらの繁殖牝馬の産駒のうち、ファラリスが種牡馬として現役だった時期のものに限定すると、優秀な産駒の2頭に1頭はファラリスを父としていた。 ...
  • 優秀な産駒を多数産み、大牝系を形成した。 ...
  • ロウについて補記すべきこととして、彼がファミリーナンバー以外に「競走能力に優れた牝系のファミリーに、優秀な種牡馬を交配すると、優秀な産駒が出る」ことを例を引きながら論じた功績が挙げられる。 ...
  • 設定された300ギニーの種付け料は決して安くないものであったが、それに見合うだけの優秀な産駒を次々と出し、1924年と1930年の2年度でイギリスのリーディングサイアーの座に輝いた。 ...
  • ウッドランド牧場で供用されると最初から成功を収め、7頭のクラシックウイナーを初めとした優秀な産駒を送り出し、1923年イギリスリーディングサイアーを獲得している。 ...
  • 種牡馬としてはイギリスクラシック三冠馬オーモンド、2000ギニー優勝馬ボナヴィスタの2頭の後継種牡馬を初め優秀な産駒を多数送り出したが、同時期のセントサイモンの圧倒的な種牡馬成績の前にリーディングサイアーを取ることはなかった。 ...
  • 吉沢譲治はサンデーサイレンスが日本で種牡馬として成功した秘密はイージーゴアに噛みつこうとしたプリークネスステークスに凝縮されているとし、「第一に『気性の激しさ』、第二に『雑草的な逞しさ』にあり、それが種牡馬として優秀な産駒を送り出す強力なエネルギー源となったと考えている」と述べている。 ...
  • 桜花賞馬・エルプスや二冠馬・ミホノブルボンを輩出したマグニテュードの母であるアルテッスロワイヤルなど優秀な産駒をヨーロッパに残し、1971年より日本で供用。 ...
  • 同馬は競走馬としては大した成績を残さなかったものの、繁殖牝馬としてチェヴァリーパークステークスなどで優勝したシリーン、1000ギニーとセントレジャーステークスに優勝したトランクィル、ゴールドカップ優勝馬のボスワースといった優秀な産駒を送り出した。 ...
  • それまでは、あまり多くの交配を行うと「種牡馬の遺伝の活力が損なわれ優秀な産駒ができなくなる」、「種牡馬の寿命を縮める」、といった俗説が通用していたり、交配数を制限して稀少価値を高めたほうが種付料の市場における総和が高まると考えられていた。 ...
  • 障害競走に秀でた産駒も多く、メルシーモンサンが2010年のJ・GI中山グランドジャンプを制すなど、障害においても優秀な産駒を輩出している。
  • 競走馬引退後は種牡馬となり、ミホシンザン、ミナガワマンナをはじめ、優秀な産駒を輩出。 ...
  • その後も、コンスタントに優秀な産駒を輩出し、「ネヴァーセイダイ系ブーム」の火付け役となり、1970年、1972年、1977年のリーディングサイアーに輝いた。 ...