優子は自分

13 の用例 (0.00 秒)
  • やがてその違和感の原因に思い当たって、優子は自分で驚いてしまった。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子は自分の右手の先にある、美音子の秘密の部分を、チラと眺めやった。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子は自分の中に生まれた、朝倉麻里亜に対する感情を、そう分析していた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • そう聞かされて、優子は自分の腰掛けているベッドの辺りを見回した。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子は自分の治療はもう良いので、どうぞ行ってくださいとシスターに言った。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 彼の落ち着いた口調に、優子は自分も冷静になろうと思い直した。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • 優子は自分に言うように言った。 柴田翔『されどわれらが日々──』より引用
  • 今こうして肩を抱かれ、そして睫毛の長いその目を潤ませて、心からの慈しみを見せてくれているシスターの顔を見返しているうちに、優子は自分の心の内にあった障壁が見る見るうちに、劇的なまでに崩壊してゆくのを感じていた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子は自分の体を洗っている。 川上宗薫『感度の問題』より引用
  • 祖母優子は自分のことに質素だったが、気前がよくて、気にいったものがあると、五十も六十も同じものを買って、子や孫、親戚知人に頒け与えた。 秋山加代『辛夷の花──父 小泉信三の思い出──』より引用
  • ドアを閉じる時に外の雨音が絞られてゆくのに気がついて、これではいくら注意してもドアの開閉には気付かれてしまっただろうと、優子は自分の迂闊うかつさを呪ったが、室内でのいさかいはそうした新来者の有無にはとんと無頓着むとんちゃくの様子で、激した声の応酬はそのまま続けられていた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • その沙織のひと言で、優子は自分を取り戻し、そしてフウッとひとつ息を吐いた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子は自分に言い聞かせた。 乾くるみ『Jの神話』より引用