優子はハッ

8 の用例 (0.00 秒)
  • その声に切迫したものを感じて、優子はハッとその顔を見詰めた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 自分が持て余している感情をそう言葉にした途端、優子はハッと胸をかれた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • そんな声が漏れ聞こえてきて、優子はハッ、と息を飲んだ。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • なかば独り言のように、椎奈がそう言い添えたので、優子はハッと息を飲んだ。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 頭を上げて、そして優子はハッとした。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • カランカランと鳴るチャイムの音に、優子はハッと顔を上げた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はハッと息を飲んだ。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 片桐茜は風間忍の部屋に、長根香澄は溝口尚子みぞぐちなおこの部屋にと、役員は役員同士でペアになるように移動がなされている事に気付いて、優子はハッと息を飲んだ。 乾くるみ『Jの神話』より引用