優子はその

24 の用例 (0.00 秒)
  • 優子はその言葉の意味するところを理解した途端とたんに、ハッと息を飲んだ。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はその時、もう興奮で、身体が震えだしそうなほどであった。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はその一瞬の視線に、嫌悪感とも恐怖感ともつかない感情の粟立あわだちを覚えていた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はその少女の存在に、不思議なほどの安堵感を覚えた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • ピリッと痛みが走り、優子はその痛さに思わず声を上げていた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はその伽藍がらんの中でひとり、信徒席に腰を下ろして、ぼんやりと時を過ごしていた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はその言葉にショックを受けたらしい。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 優子はその二人の様子を眺めやる。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はそのクルマで戻った私を見ると目を丸くした。 藤原伊織『テロリストのパラソル』より引用
  • 優子はその気配を察したのか、不意に黙ってしまう。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • これからの一年間、優子はその青木冴子という二年生と、目の前のドアの向こうにある部屋で、生活を共にするのである。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はその時、全身の細胞がギュッと縮こまるような、激しい違和感を感じていた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 遅れて寮に着いた自分は、同級生たちの仲間の輪から、もう既に外れてしまっている、と優子はその時に思ったのだ。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はその音から判断した。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • だが、優子はそのあと、すぐせきたてるように、私を誘ったのだ。 柴田翔『されどわれらが日々──』より引用
  • どうして察してくれないのかしらと、優子はその時になって初めて、シスターの反応を少しいぶかしく感じ始めた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はその時、理屈以外の部分で、不吉な予感を感じ取っていた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 坂本優子はその桜を、万感の思いを込めて見上げていた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • ほんの一秒にも満たない時間であったが、優子はその一瞬の間に、蛭川の視線によって、自分が顔から身体まで、ジロジロと嘗め回されるのを感じていた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はその風を、胸一杯に吸い込んだ。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 次へ »