優子ちゃん

12 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女は近所で『優子ちゃんは乱暴だ』と言われているのを知っていたのである。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • 優子ちゃんと琢己君へのメッセージカード、とてもよくできていて、びっくりでした。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • このクラスから離れたくないというような気持ちがひしひしとこもった優子ちゃんの涙目を見て、伊吹先生も彼女の頭をでてやることしかできなかった。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • 優子ちゃんと琢己君がいなくなって少し寂しくなった4の2の教室ですが、君代ちゃんが戻ってきて、これからはこの三十四人でやっていこうという雰囲気になったと思います。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • 千秋ちゃん、優子ちゃん、お名前を使わせていただいてありがとう。 小野不由美『悪霊シリーズ 3 悪霊がいっぱいで眠れない』より引用
  • 七月のある日には、クラスのしっかり者、松井優子ちゃんから一学期いっぱいで引っ越しすることを告げられる。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • 優子ちゃんと仲直りしたのか? 山本弘/下村家惠子/友野詳『妖魔夜行 真夜中の翼』より引用
  • 後藤優子ちゃんが今回分についてはホボ正解でした、おめでたう。 小野不由美『悪霊シリーズ 3 悪霊がいっぱいで眠れない』より引用
  • 一学期の最後は、君代ちゃんを心配しながら、学校では優子ちゃんと琢己君のお別れ会、夏休みの過ごし方の指導、宿題の説明、通知表の作成など、忙しさにも拍車がかかっている。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • それから「太陽の子通信」にのせてあるので、読んでいれば君代ちゃんも知っていると思いますが、この一学期で4の2から松井優子ちゃんと野沢琢己君が引っ越しのため、学級を去ることになっています。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • 朝、いつものように「おはよう」って教室に入ると、優子ゆうこちゃんが「先生、私、ひっこしするの」って言って、泣きながら走り寄ってきました。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • 夏休みを終えた二学期、優子ちゃんと琢己君がいなくなって、君代ちゃんが戻ってきた4の2は、水泳大会や運動会を始め、一学期以上にいろんなイベントが待っている毎日を賑やかに過ごしていく。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用