優子がそう

12 の用例 (0.00 秒)
  • 優子がそう答えると、シスターは黙って首を左右に振った。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子がそう答えると、冴子は口を閉じ、その目でじっと優子のことを睨み付けて来た。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子がそう言うと、椎奈は動きを止め、そして訊いて来た。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子がそう訊くと、美音子は一瞬ためらい、そして小さく頷いた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • そろそろ夕課の時間となり、いいかげんに諦めて寮に戻ろうかと、優子がそう思い始めた矢先であった。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子がそう言ってシスターの顔を見返すと、相手はおもむろに頷く。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子がそう言うと、相手はハッとして、俯いた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • やがて簀の子がギシギシと軋んで、優子がそう思った瞬間、もうすでに椎奈は衝立のこちらへと姿を現していた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子がそう訊ねると、シスターは曖昧に首を振った。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 足をぶらぶらさせながら、優子がそう訊ねると、さやかは、うんとひとつ頷いて、説明をする。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子がそう問い返すと、フンッ、と蛭川は鼻でひとつわらった。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子がそう訊ねると、琴美はおもむろに頷いた。 乾くるみ『Jの神話』より引用