優子

全て 名詞
2,345 の用例 (0.01 秒)
  • だが、優子の両親は、娘がどこかで無事に生きていることを信じていた。 森村誠一『棟居刑事の悪夢の塔』より引用
  • 八代は計算された動きをもって、優子の抵抗を一つ一つ排除していった。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • 優子さんはあの晩、あの子の作った夕飯に手をつけていませんでしたね。 乙一『夏と花火と私の死体』より引用
  • 優子が芝居しばいに行きたいと電話をかけてきたのは、火曜日の夜だった。 堀田あけみ『愛をする人』より引用
  • このことからもわかるように、八代は中脇優子に熱い関心を寄せていた。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • 優子さんと歩いていたときの直彦君の顔を思い出すと電話もかけられず。 三浦綾子『雨はあした晴れるだろう』より引用
  • その痛みが、今回はいつもより以上に激しく、優子には感じられていた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 教室にはいると直彦君の机の横に優子さんが立って何か話をしている。 三浦綾子『雨はあした晴れるだろう』より引用
  • しかし今のところ優子はまだ、その答えを見出すに至ってはいなかった。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 木村優子に何か買ってやることを楽しいと感じる気持も失ってしまった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • そこに人の気配が無いことを確認してから、優子はさらに歩を進めた。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 彼は優子の肩を片手で抱きながら、片手を大腿部の間に入れようとした。 川上宗薫『感度の問題』より引用
  • そうしていよいよ自分の部屋の前に立つと、優子はひとつ深呼吸をした。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • その日の夜、私と優子は皆と別れて、予定より一日早く野尻湖を離れた。 柴田翔『されどわれらが日々──』より引用
  • 木村優子はそうしたことがらと一体になって存在していたものだった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • 同じように無言のまま降りた優子を見ると、ひどく顔色が悪いようだった。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • 今、その部屋の中には優子という女性がひとりだけで居るはずだった。 乙一『夏と花火と私の死体』より引用
  • そして優子が結核だということは誰にも許してはいけない秘密でした。 乙一『夏と花火と私の死体』より引用
  • 優子はその言葉の意味するところを理解した途端とたんに、ハッと息を飲んだ。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 優子はしかたなく、流れに乗って、知らない少女の隣へと腰を下ろした。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 次へ »