優勝相当成績

26 の用例 (0.00 秒)
  • 優勝相当成績2回の好成績を残している。
  • 優勝は国技館開館後9回、それ以前にも優勝相当成績が2回ある。
  • こうした余裕の取り口から引き分けが非常に多く、全勝での優勝相当成績は無かった。
  • 大達はこの場所を8勝1分1休で終え、優勝相当成績を記録した。
  • その後も引退までに出場した場所で7連続・9連続で優勝相当成績を記録し、通算では28回を数える。
  • この対戦で勝利して全勝での優勝相当成績を挙げ、場所後に吉田司家から横綱免許の授与が決まった。
  • また優勝相当成績は2回ある。
  • 帰国後の1896年1月場所では東十両8枚目で5勝4分けの無敗の成績を挙げ、優勝相当成績の栄誉を得た。
  • 大阪に戻り1891年9月東前頭9枚目、いきなり8戦全勝で優勝相当成績を残した。
  • 十両では順調に勝ち星を重ね、1900年1月には6勝2敗の成績で優勝相当成績を挙げた。
  • 江戸相撲では、1793年11月場所から約7年に渡って出場した11場所全てで優勝相当成績を記録するなど、無類の強さを発揮した。
  • また優勝制度発足以前の場所に遡って優勝相当成績の回数などを数える場合にも、この制度にあてはめて算出することが通例になっている。
  • そして、いきなり6勝2敗1預の成績で優勝相当成績を残した。
  • 当時は優勝額掲額制度の導入前だったが、優勝相当成績を入幕2場所目から1901年5月場所までの4年・8場所の間に4度記録している。
  • 勝率の高さの割に優勝相当成績1回に終わったのは、雷電爲右エ門と玉垣額之助が壁として立ちはだかったからである。
  • ともに雷電不在の場所だったが優勝相当成績も2度記録、のちに大関へ昇進したが病気によって現役死した悲劇の力士である。
  • 復帰後は快進撃を続け、1899年1月場所で新入幕を果たすと8勝1分の優勝相当成績を挙げる。
  • 優勝額贈呈以前に常陸山谷右エ門が6回、太刀山峯右エ門が2回の優勝相当成績を挙げているがその回数は含めない。
  • 陣幕久五郎が大坂にいたことで、大坂から来た力士は誰とも構わず嫌われていたこともあるが、当然ながらこの地位では敵などおらず連戦連勝、1874年12月場所で新入幕を果たすと、8勝1分の優勝相当成績を挙げた。
  • 新入幕の場所、雷電不在場所ではあったが、8勝1敗1休で優勝相当成績を残す。
  • 次へ »