優勝劣敗

全て 名詞
54 の用例 (0.00 秒)
  • そして強食弱肉優勝劣敗きやうしよくじやくにくいうしやうれつぱい地獄道ぢごくだうが、遺憾ゐかんなく現実げんじつしてゐるではないか。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 49 20080623』より引用
  • 競馬の世界は優勝劣敗が大原則であり強い馬は強い馬同士、弱い馬は弱い馬同士での競走が基本である。
  • したがって優勝劣敗は世界の大原則であり、どのような国家や民族も自己が理想とする原則で世界を支配しようとする傾向がある。
  • 中央競馬にも優勝劣敗の法則を導入するべきであるとの声に応えての取り組みである。
  • 奥寺は優勝劣敗の原理を説き、抹殺された民族の名をいくつも挙げて説明した。 上西晴治『十勝平野(下)』より引用
  • どうせ優勝劣敗いうしようれつぱいつよものつよい、よわものよわ現代げんだいだからジタバタしても駄目だめだよ。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 13 20080623』より引用
  • 優勝劣敗が断え間なく行われて、段々民族が進歩発達し、以て今日に至ったのであります。 喜田貞吉『特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ』より引用
  • 樗牛の説いた日本主義の優勝劣敗論の影響は大きく、当時の小学校教科書にまで樗牛流の表現が多く見られた。
  • そうでない場合にも、優勝劣敗原則に基づいて能力の優れた種牡馬を残してそうでないものを淘汰するだけでなく、細々とでも父系子孫の代を重ねていくことも必要であるという、文化的な考え方に基づいた批判である場合もある。
  • さらに国内における官民の馬産事業を振興するためには競馬を行って優勝劣敗の原則を馬産に導入すると共に馬券を発売して産馬界に市場の資金を流入させる必要があるとして、馬券の発売を前提とした競馬の開催を内閣に提言した。
  • 銀行相互の競争を助長し、効率の悪い銀行が落伍らくごし、効率のよいところに吸収・合併されるという優勝劣敗の状況をつくり出す過程で、大型化を軸にした再編成を促進させようというのである。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 優勝劣敗は世の常だから止むを得ぬと云ふのか? 岸田国士『一国民としての希望』より引用
  • 現代の市井に生きて優勝劣敗の烈しさを軒並みに朝夕見ている人々にも、何か思いのつながるものがあるのであろうか。 吉川英治『随筆 新平家』より引用
  • 日本においては明治時代に加藤弘之・穂積陳重らによって社会進化論が紹介され、優勝劣敗を説く論理として社会思想に大きな影響を与えた。
  • なぜならば生存するためには必然的に生存競争を勝ち抜かねばならず、日本もまた優勝劣敗の法則の下に置かれているためである。
  • 敵をたおすにはいかなる手段方法をも用いる、うそをついてもかまわぬというは、優勝劣敗あるいは生存競争ということを読み違えていると言わなければならぬ。 新渡戸稲造『自警録』より引用
  • なお、競馬の世界では、調教師は免許制による資格であるが、同時に優勝劣敗の厳しい勝負の世界に生きる厩舎の経営者でもある。
  • 自然淘汰優勝劣敗の原則がここにも行われて、適者優者が生存して、ここに江戸言葉というものが出来た。 喜田貞吉『特殊部落の言語』より引用
  • なんとなれば、数において非常に違ったものの対立は、いつか優勝劣敗の破綻を来たすおそれがあるからです。 喜田貞吉『融和促進』より引用
  • 日本人の全部が一つに団結せんければ、とても世界のこの優勝劣敗の競争場裡に立って行くことの出来ん時じゃと思いもす。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • 次へ »