優勝候補の最右翼

13 の用例 (0.00 秒)
  • ローマオリンピックでも優勝候補の最右翼と目されるようになる。
  • この種目はイギリスのリリアン・ボードが優勝候補の最右翼であった。
  • 東京では、フランスのミシェル・ジャジが優勝候補の最右翼とみなされていた。
  • オリンピックでも優勝候補の最右翼と見られた。
  • エルゲルージは、アトランタオリンピック以後で負けたのは1回のみ、世界記録保持者でもあった彼はオリンピックでも優勝候補の最右翼と目されていた。
  • フィンランドのパーヴォ・ヌルミが優勝候補の最右翼であった。
  • オリンピックでは、この4月に96m23と4年ぶりに世界記録を更新したばかりのハンガリーのフェレンツ・パラギが優勝候補の最右翼と見られていた。
  • ツール・ド・スイスでも2回目の総合優勝を果たし、この年のジロ・デ・イタリア 総合優勝者のイヴァン・バッソとともにランス引退後のツール・ド・フランス優勝候補の最右翼として見られていた。
  • そして、迎えたメキシコオリンピック、ボードは400mにエントリーし、優勝候補の最右翼と目された。
  • 開幕前には優勝候補の最右翼と目されたが、加藤久の退団やラモスの欠場もあって、開幕ダッシュに失敗、松木と選手間の対立は新聞や週刊誌で「内乱」として報じられ、松木は批判の矢面に立たされた。
  • プレーオフに入っても絶好調を維持し、1回戦、カンファレンス準決勝を共に4勝0敗で突破するなど優勝候補の最右翼となった。
  • 同年度はミルズ杯を獲得した4年生RB丸田とエース3年生のQB菅原が健在で、優勝候補の最右翼であるが、日大がヨコハマボウルでアサヒビールシルバースターを破ったほか、早稲田も有力候補に挙げられているため、苦戦が強いられる可能性が高かった。
  • 一方のスペインは、EURO 2008での優勝や、予選の全勝、無敗・連勝の世界記録樹立などにより、大会前にはブラジルと並び優勝候補の最右翼に位置づけられていたが、初戦のスイス戦を圧倒的に攻め込みながら0対1で落とす。