優勝こそ逃し

16 の用例 (0.00 秒)
  • 決勝戦まで進み、優勝こそ逃したものの鳴尾村の最後を飾る形となった。
  • リーグ優勝こそ逃したものの3回目のベストナインに選出され、同年の日米大学野球の代表にも選ばれている。
  • 当該年度は優勝こそ逃したもののシリーズ4位と好成績を残した。
  • 優勝こそ逃したが、すでにイタリアきっての国民的人気者であり、それはある意味、優勝者を圧倒していた。
  • この場所では羽黒山政司も10勝だったことと、当時は番付上位優勝制度が存在していたため優勝こそ逃したものの、恐るべき力士として印象付けられたことは間違いない。
  • 翌1987-88シーズンは、オーストラリア代表のと共に強力な2トップを組むと、チーム内最多の14得点を挙げ、リーグ戦優勝こそ逃したものの、国内カップのタイトル獲得に貢献した。
  • 「第4回全国高等学校クイズ選手権」では、数ある宮城県内有数の強豪校を押しのけて、全国大会に出場した経験があり、優勝こそ逃したものの、決勝戦では同じく東北ブロックの代表校だった宮城一女高以上に大健闘をし、優勝に肉薄したことがある。
  • プラットの作品は準優勝となり、優勝こそ逃したものの、動画共有サイトYouTubeでは評判となり、2008年の時点で2500万ビューを超えた。
  • 優勝こそ逃したが大関以下の力士を全員破る14勝1敗の成績で終えて昇進基準を上回る成績を残し、場所後の大関昇進が確定的になった。
  • 同年11月場所は14勝1敗の成績で4回目の優勝、1959年3月場所は優勝こそ逃したが、13勝2敗の好成績で1月場所の11勝4敗という成績は問題視されたが横綱になった。
  • 優勝こそ逃したが、NHKが急遽全試合をテレビ中継し、3回戦はスタンドに入れなかった学生2万人が球場の外を囲み、急きょ設置されたテレビモニターで観戦する事態となった。
  • ダスターで2009-2010年のシーズンに参戦したプロストは総合優勝こそ逃したが、2位を獲得し、「仕上げ時間が足りなかった」としながらも、ダスターのポテンシャルの高さを評価した。
  • 翌2006-07シーズンには、チームを終盤までリーガ・エスパニョーラ優勝争いに絡ませ、最終的に優勝こそ逃したものの、3位でシーズンを終え、悲願のCL出場権を獲得した。
  • 惜しくも、同じく雨巧者で知られる岡部聡に捌かれてしまい優勝こそ逃したものの、SG準優勝を為し遂げた。
  • 前述のようにヤクルト・石井一久によるノーヒットノーランで失速し優勝こそ逃したものの、1979年以来18年ぶりのリーグ2位という好成績を残した。
  • J1復帰1年目での優勝こそ逃したものの、終盤を4連勝で締めくくり、クラブ史上J1最高順位の3位に入り、クラブ初のAFCチャンピオンズリーグ出場を決めた。