優先株

全て 名詞
98 の用例 (0.01 秒)
  • これらの組み合わせにより、さまざまな優先株式の設計が可能となる。
  • 非参加的優先株式で議決権を完全に排除したものは、社債にさらに類似する。
  • 優先株は、配当金が高い代わりに議決権を持たないものであった。
  • 普通株と優先株を発行する形で年内に実施される予定だわ。 石田衣良『波のうえの魔術師』より引用
  • このように再生目的で優先株が活用される場合には、一定期間の再生期間を経て、普通株式に転換する設計が一般的である。
  • 「貴族」と呼ばれることの多かった鉄道会社所有者は優先株式の販売と州政府の援助によって路線の拡大を手当てできた。
  • 優先株式とは逆に、普通株式より配当が劣後する株式を劣後株式という。
  • 十六銀は数十億円の出資を検討しており、岐阜銀が発行する優先株を引き受ける方法が有力という。
  • この増資は将来的な優先株の発行認可を当てにしたものであり、いつのことになるかは当初は予測できなかった。
  • 優先株式の償還が進み、経営再建が進んでいるといえる。
  • 長期信用銀行は、当時より長期信用銀行法附則7にて、国による優先株式の取得が認められていた。
  • 以前アメリカで優先株を買い集めた経験から、シュトルヴェルクの時もこの株式制度が導入されたのである。
  • 優先株式の発行が自己資本比率を高めたり公的資金の注入を受けたりする目的で行われるためである。
  • また、外国会社の発行する優先株に類似するものに対しても、実務上、このような名称が与えられる。
  • 金融機関の優先株式の場合、普通株式への転換がなされる場合、何かしらの経営責任を問われるというケースが多い。
  • 通常は、配当に対して優先株式である事の代償として、議決権制限がつけられる。
  • IFRSでは優先株に基づく発行会社の義務の内容が固定的なものである場合には、純資産でなく負債として計上されることとなる。
  • これは転換型優先株式として受け入れたものであり、資金が返済されない場合は2012年10月3日に普通株式に強制転換する条件であった。
  • デュラントはビュイック社の優先株の株主への配当を毎年おこなった。
  • 銀行への公的資金導入の際は、優先株を発行する形での導入が多く見られ、導入後3年間無配当が続いた場合に普通株に転換する形での国の経営参加・経営責任の追及、というケースが通常見られる。
  • 次へ »

優先株 の使われ方