優先弁済的効力

6 の用例 (0.00 秒)
  • この点で優先弁済的効力を有するといえる。
  • これを担保の効力と呼ぶが、これはさらに優先弁済的効力と呼び留置的効力の二つに分けられる。
  • また、質権者は質物を換価し、その代金から優先弁済を受けることができ、これを優先弁済的効力という。
  • しかし、債務の履行を請求できる相手を増やしていることから、無担保の債権者よりは債権の満足が得やすいという点で優先弁済的効力を有するといえる。
  • このうち優先弁済的効力は、被担保債権の強制実現の方法が物的担保と人的担保で大きく異なる。
  • また、物的担保のうちの留置権には民法に規定された直接的な「優先弁済的効力」はないが、弁済があるまで目的物を留置しうることは債務者にとって債務弁済の間接的強制力となる。