優先度上限プロトコル

8 の用例 (0.00 秒)
  • このような手法は優先度上限プロトコルと似ている。
  • 優先度上限プロトコルは組み込みシステムで主に使われ、使うことで効果があるプログラムも限定的であり、汎用的に使える方法ではない。
  • 優先度上限プロトコル機能が拡張されたミューテックスを利用することでも、デッドロックを回避することが可能である。
  • 優先度上限プロトコルでは、共有されたミューテックスプロセスが固有の優先度を持っている。
  • 現に他のタスクがロック中の資源をロックしようとしているタスクは決してスケジュールされないので、優先度上限プロトコルはデッドロックを防ぐことができる。
  • また、ミューテックスには、優先度逆転を防止するための優先度継承機能や、デッドロックを防止するための優先度上限プロトコル機能などが拡張されていることがある。
  • 優先度上限プロトコルはVxWorksリアルタイムカーネルでも使えるが、滅多に使用されない。
  • 優先度上限プロトコルとは、クリティカルセクションの間違った入れ子によって生じる優先順位の逆転によるデッドロックを防ぐための共有資源の同期プロトコルである。