優先度つきキュー

16 の用例 (0.00 秒)
  • 優先度つきキューを使用した場合の計算量としては、以下の合算である。
  • また、分割演算を変更すると優先度つきキューや探索木などを実装できる。
  • 優先度つきキューは、以下の3つの操作をサポートする抽象データ型である。
  • アジェンダは一般に優先度つきキューとして実装されている。
  • 探索ノードを効率的に選択するには優先度つきキュー()を用いて実装するのが一般的である。
  • 最小値だけが必要な場合、優先度つきキューが適している。
  • 優先度つきキューからはソートを思い浮かべることができる。
  • 優先度つきキューの実装としても使われる。
  • つまり、ソートしたい要素をすべて優先度つきキューに入れて順番に取り出せばそれはソートされている。
  • 普通、探索アルゴリズムには隣接する未訪のノードを優先度つきキューに追加する操作が含まれる。
  • 優先度つきキューを実装する最も簡単な方法は、連想配列を用いて、それぞれの優先度に要素のリストを繋げることである。
  • 下記は優先度つきキューを用いたことを想定し上記を書き換えたダイクストラ法の擬似コードである。
  • プロセスは優先度つきキューに置かれる。
  • 優先度つきキューによる抽象化を取り除くと、これは実際にいくつかのソートアルゴリズムで用いられている手続きである。
  • キューに追加する要素に優先度をつけ、優先度に基づいて、キュー内でソートするのを優先度つきキューといい、高速化のためのアルゴリズムが色々研究されていて、また、色々な他のアルゴリズムで間接的に使われている。
  • 辺の重みが非負数ならば優先度つきキューを併用したダイクストラ法の方が速いので、ベルマン-フォード法は辺の重みに負数が存在する場合に主に使われる。