優先させる

343 の用例 (0.00 秒)
  • かれは軍人としての責任より、個人としての欲求を優先させていたのか? ロッデンベリイ『スター・トレック』より引用
  • 拒絶反応のない人を優先させたらと思うが、検査に時間がかかりそうだ。 星新一『あれこれ好奇心』より引用
  • つまり、これは左右よりも上下の照準の容易さを優先させたものである。
  • 唯我独尊ゆいがどくそんでもあり、常に自分の都合を最優先させるワガママ女でもある。 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』より引用
  • 千鶴がニューヨークに行く前の亮子は、何をおいても千鶴を優先させた。 新津きよみ『女友達』より引用
  • 個人的な不満より一族の結束を優先させるのではないかとも見られていたのだ。 田中芳樹『タイタニア1 疾風篇』より引用
  • もちろん、約束を最優先させて行動している女性もたくさんいます。 岩月謙司『男は女のどこを見るべきか』より引用
  • 軍事的機能を優先させた城としてのイメージが強いようである。
  • ただ、収容出来る人数が限定されていて、誰を優先させるかが問題であった。 阿川弘之『私記キスカ撤退』より引用
  • それ以上に優先させなければならないことなどあるだろうか? 柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』より引用
  • 二つを両立させるわけにいかず、仕事を優先させざるをえなかったのだろう。 星新一『きまぐれフレンドシップ PART2』より引用
  • 結局は自分の意志より他人の意志を優先させたほうが楽だ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 03 家族の食卓』より引用
  • これは何より、ラリーマシンとしての資質を最優先させたがゆえである。
  • 私は会社の意向を無視して、家族とのスケジュールを優先させてしまった。 梅宮アンナ『「みにくいあひるの子」だった私』より引用
  • 殷雷は防御を優先させて、相手の攻撃を刀で受ける事も考えてるんだと思うよ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編02 切れる女に手を出すな』より引用
  • 言葉のもつイメージを優先させるのならば内部の雰囲気は洞窟だ。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • しかし生きることを再優先させなければならぬ苛酷な時代だった。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • 効率よりも自尊心を優先させる新たなスーパーコンピュータの誕生だった。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • そして大半の宝石高は、倫理よりも、高値をつける客を優先させました。 細江ひろみ『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ あまたの地、あまたの人』より引用
  • 治憲の肚は決まっているが、中条の意見を聞くことを優先させたのである。 藤沢周平『漆(うるし)の実のみのる国(下)』より引用
  • 次へ »