優位

全て 名詞
5,941 の用例 (0.02 秒)
  • 人数はともかくとして、武器の点ではこちらがはっきりと優位であった。 眉村卓『不定期エスパー7』より引用
  • だがこの階級の歴史的優位はそれだけでは今の場合まだ何物でもない。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • 互いに満タンの銃を向け合っている以上、何の優位もないはずなのにだ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 06 罪滅ぼし編』より引用
  • 金を払ったからといって必ずしも優位に立てるわけでもないらしいのだ。 花村萬月『幸荘物語』より引用
  • こうした特徴により速報性の点で新聞程ではないが図書より優位にある。
  • そしてそれが北洋水師に対する戦術的優位を確信させる結果ともなった。 光瀬龍『征東都督府』より引用
  • これは、どちらかが優位に立てば解決する問題だと思えないのですよ。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • 三つの派閥は議会での数的優位を争う一方で、実行力を集めにかかった。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • いま時間が優位を示しているのは、わずかに小説くらいなものである。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • ハッタリにせよ真実にせよ、少なくとも精神的優位は向こうにあるのだ。 水無神知宏『鋼鉄の虹 装甲戦闘猟兵の哀歌』より引用
  • 連盟は帝国におけるカトリックの優位を守ることを目的としていた。
  • なんとしてもアラニビカとの関係では優位に立っておかねばならない。 西東行『鳥は星形の庭におりる』より引用
  • 人の優位に立ちつづけてきた人間が、幼い時から身につけてきた表情だった。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 優位に立っているのは、書いた人間ものではない、書かれた人間ものだったのです。 古川日出男『アラビアの夜の種族3』より引用
  • 小村井さんは自分が優位な立場で江藤さんを刺すことができたでしょう。 泡坂妻夫『亜愛一郎の逃亡 (亜愛一郎シリーズ3)』より引用
  • 誰かを否定して自分が嘘でもいいから優位に立ってないと生きていけないんだよ。 花村萬月『イグナシオ』より引用
  • 挑戦者は自分の位置的優位を利用して、カゼルの腕を一気に押し込んだ。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • 力関係で優位に立っているとしても、ピアズも四人の男たちも同じ仲間だ。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • ただ黙って優位オスのなわばりの中を通過していく渡り者なのである。 竹内久美子『浮気人類進化論 きびしい社会といいかげんな社会』より引用
  • 賛美歌やお経は確かに優位のサルに向けられたなだめの音声に似ている。 竹内久美子『そんなバカな! 遺伝子と神について』より引用
  • 次へ »