優れる一方

13 の用例 (0.00 秒)
  • 肩や瞬発力に優れる一方、スローイングやキャッチングが不安定である。
  • ドラゴンレーザーは攻撃能力に優れる一方、ボスによっては相殺される場合もある。
  • 海中での運動性には優れる一方で、艦型が小型であるために、波の荒い日本近海では、とくに荒天下でのシュノーケルの運用には困難が伴い、また水上航行能力にも問題があった。
  • 本職はCBだが、スピードに優れる一方でDFラインを高く保つことに不慣れであることなどから、SBでも起用された。
  • ただし、外板をガラス・ロービングクロスのみで積層していることから、薄く軽量で耐燃焼性には優れる一方、耐衝撃性には問題があるとされている。
  • 武術や書画に優れる一方で、百姓出身の古谷道生を登用するなど、藩政改革で実力を発揮した名君といわれる。
  • ディーゼルエンジンは燃費に優れる一方で、騒音や振動の低減および即応性にやや劣ると言われている。
  • 軍の統率に優れる一方で治績にも優れていたため、その才能を司馬昭にも認められて、豫州刺史、兗州刺史を歴任した。
  • この際の検討によれば、Cバンド・レーダーはSバンド・レーダーに対し、低高度目標に対する探知性能に優れ、より小型軽量のアンテナを有するために艤装が容易で、より広域の信号帯域幅を有するという点でECCM性に優れる一方、探知距離や耐荒天性などで劣るとされていた。
  • タップ制御は電力効率や再粘着性能に優れる一方で、有限個のタップ切換による段階制御であることから、抵抗制御と同様に切換時のトルク急変が伴い、空転そのものが発生しにくいわけではない。
  • 当初搭載していた6TDはT-80Uに比べて燃費がはるかに優れる一方で若干馬力が不足ぎみであったが、後に出力を向上した6TD-2、8TDを搭載したT-80UDも製造されている。
  • 「福留の荒切り」と称された父親政に劣らず、土佐の童謡にも「蛇もハミもそちよれ、隼人様のお通りじゃ」と歌われる程、武勇に優れる一方、禁酒令を破った主君元親を諌めるなど忠義にも篤い人物であった。
  • 耐熱性、耐摩耗性、耐老化性、機械強度等に優れる一方、耐寒性や引き裂き強度においては他の汎用ゴムより劣る。