優れるもの

24 の用例 (0.00 秒)
  • 技術爆発で文明Bの科学技術が文明Aより優れるものになる可能性もある。
  • 装置内の保有水量が少ないため起動性や負荷追従性に優れるものである。
  • 他の機体と比べて連射力に優れるものの攻撃力は低く、ライフも3と少ない。
  • 通常形態と比べ格闘能力に優れるものの防御力に劣る。
  • 彼らの筋肉はいわゆる白身であり、瞬発力に優れるものの持久力はほとんどない。
  • これは繊維として扱い易い長さの毛を持つ動物が自然界には限られること、加えて繊維の長さを一定以上に保つためには飼育して保護した環境のほうが、より品質的に優れるものが得られるためである。
  • 小火器、戦車といった各種の兵器は、個々には性能で優れるものがあったが、ドイツはもはや生産能力と輸送能力を破壊され、戦局を転換させるほどの影響は持ち得なかった。
  • この特許は当時の最先端技術である電気の分野であったので注目されたが、従来の火薬銃より優れるものを実用化できるめどが無く、軍事方面の開発ではすぐに忘れ去られてしまったようだ。
  • デザインに優れるものが多いことから、バー・スプーンなどのバーツールとともにコレクターが存在する。
  • 彼らはまた、ヨコフリオウギビタキをすべての動物のうち最も知力に優れるものとして敬った。
  • 本形式を始めとする東芝戦時標準形電機は、元来貨物牽引用途に設計されたことから定格引張力には優れるものの定格速度が遅く、電車で運行される他の列車と比較すると高速性能が大きく見劣りした。
  • 本銃は従来の九七式車載重機関銃に代わる、さらに故障が少なく、命中精度に優れるものとして開発が始められた。
  • 計器のスイッチ類は、トグルスイッチなどを極力廃し、スイッチが入っている時にはスイッチ自体が点灯するという、視認性と操作性に優れるものを採用した。
  • しかし威力の割に小型軽量であるとはいえ、パンツァーシュレックほど生産コストや軽快さに優れるものではなく、1943年中に3000門程が作られただけに終わり、その活躍もあまり記録されていない。
  • これは市街地戦においてミサイルよりも積載弾数などに優れるものの急造兵器であり射程が5m程度しかないものだがミルズ自身の接敵能力によって十分な戦力となっている。
  • ちなみに、銃撃は速射性に優れるものの威力が低く、ゲーム中では威力の高い斬撃を主に使用することになる。
  • 身分が固定化するに従い、豪族や百姓、俘囚のうち、弓馬に優れるものを優先的に徴用するようになり、軍は少数精鋭の職業軍人の集団へと変化した。
  • フェイジョアのように耐寒性に優れるものもある。
  • 昇仙峡をかいくぐるようにして敷かれた道路は景観に優れるものの道幅がせまい。
  • シュロなどのヤシ類から得られる樹皮は天然の繊維素材のうちでも特に引っ張り強度に優れるものであり、ソリや頑丈な綱は建設当時の自然環境においては容易に入手可能であったと考えられる。
  • 次へ »