優れるため

45 の用例 (0.00 秒)
  • 安価でかつ機械特性に優れるために構造材料として幅広い分野で使用されている。
  • このように低重心で操作性に優れるために誰でも慣れれば乗れて、また前に転倒する危険性もなかった。
  • 以前採用していた三十年式歩兵銃の円頭銃弾と比較して、骨部に命中した際、貫通力が優れるため、大きな骨創を与えることができた。
  • 粉末は香りに優れ、花椒油は辛味に優れるためひとつの料理で両方の使い方をすることもある。
  • ウナギは嗅覚に優れるため、一般的な集魚剤等、不自然な匂いのするものは食べない。
  • 処理中は温度管理が重要であるが、プラスチック製のタンクは保温性に優れるため初心者でも扱いやすいことが特徴である。
  • 周囲は眺望に優れるため、ドライブ、ツアーの名所となっている。
  • 弾力に富むため湾曲根管の治療に適し、また根管の追従性に優れるためエンジンにつなぐ事で電動式の根管治療を可能にした。
  • 全体的に命中精度が高く、重火器による掃討能力に優れるため遠距離戦を得意とする。
  • 熱安定性が高い一方、水溶液中で優れた耐酸性・耐熱性を示し、耐光性・長期保存安定性にも優れるため一般的な食品加工工程においては安定な物質として認知されている。
  • エネルギー、角度分解能に優れるため市場をほぼ独占している。
  • 延性に優れるため、加工性が良く、圧延・押出に適した材料である。
  • しかし、飛行機や船舶などのレシプロエンジンではプロペラを定められた回転数よりも高速に回転させる必要がない上、耐久性と信頼性に優れるため、 OHV は多用されている。
  • 断熱性・耐水性に優れ軽量なので、魚介類の輸送にこれで製造された箱が利用されたほか、軽量で衝撃吸収性に優れるため、精密機械等の梱包材として普及した。
  • また靭性にも優れるため、万一タイヤがパンクしてもリムだけで相当距離を引きずりながらでも走行することができる。
  • また、地下の住居は乾燥地帯の急激な気候変化や強い日差しを避けるのに都合がよく、冬も温度が下がらず保温性に優れるため、近年まで住居として使用されていた。
  • 闘鶏は多く賭博の手段とされたため、賭博が禁止されるとともに闘鶏としての飼育は下火になったが、食味に優れるためそれ以後も飼育は続けられた。
  • 榴弾砲と異なり高初速で弾道が低伸性に優れるため低仰角での遠距離射撃を得意とし、近中距離の目標を直接照準・零距離射撃で砲撃することも可能でもある。
  • 開放的で眺望に優れるため、大名庭園や神苑、池の畔などに休憩所として設営された。
  • 末端の動脈は平滑筋繊維が多く、血管を収縮させる能力に優れるため筋性動脈と言われる。
  • 次へ »