優れること

68 の用例 (0.00 秒)
  • 本来、国力の差は、我が地球連邦がジオンにすぐれること十数倍といえる。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅠ』より引用
  • しかし、形態認識に優れることは医学的に有意差をもって証明されていない。
  • そのためには、今の時代では何といっても兵法に優れることが出世の捷径はやみちである。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 従前主流であったリアエンジン方式よりも安定性に優れることから大きな成功を収めた。
  • 酸素透過性に優れることを特長とし、医療材料の素材などとして用いられる。
  • どんな事でも器用にこなすが、力が分散して一芸に優れることができないのである。 講談社辞典局編『日英対照実用ことわざ辞典』より引用
  • イヌリンは栄養上の性質に優れることから、食物製品に使用されることが近年増えてきている。
  • 根元から遠い位置の枝よりも、根元付近から発生した蘖や胴吹きを利用すると成長が優れることが多い。
  • この機体は、機体が大型で搭載能力に優れること、飛行航続距離がより長いことで、空軍及び防空軍の要求により合致した機体であった。
  • さらにマナイタゾワイは地盤として十分強固であったため直接基礎あるいは杭基礎と基礎工の施工費および将来的な維持管理費をかけなくてよくなったことから、直線で結ぶよりもくの字で結んだほうが経済的に優れることになった。
  • 往来三町に見る百人の凡女凡婦の生けるより優れることいくばくぞ。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • 常に上を目指すよう励まし、人より優れることを期待する。
  • 弾力性などに優れることから、プラスチックなどの普及以前には各種工業素材に利用され、捕鯨の重要な目的にもなった。
  • 搭載している望遠鏡は、個人で持ち運べる小望遠鏡より大型で性能が優れることから、 より本格的な観望会が実施可能である。
  • 適度な栄養があり消化吸収に優れることから、下痢の時の食餌として利用されることもある。
  • 第二次世界大戦前後を通じて、主要各国はトラック・バスを中心にディーゼルエンジンの導入を積極的に推進し、大排気量化が容易で経済性に優れることから、1960年代までに大型商用車においてディーゼルエンジンは世界的主流となった。
  • イージス艦の主たる兵器はミサイルではあるが、汎用性が高く、即応性にも優れることから、通常型の艦砲も搭載する。
  • 選球眼が非常に良いことやバットコントロールに優れることから、四球数が多い一方で三振数は少ない。
  • 古代ローマ時代には横結びと縦結びの違いや横結びの方が強度に優れることなども理解されており、また英雄ヘラクレスにちなんでヘラクレス結びという名前で子孫繁栄を願って腰紐に使われていた。
  • HXD2型は車軸の多さにより粘着力に優れることや、その大出力を活かして太原鉄道局湖東機関区に集中的に配置され、主に大秦線にて運用されている。
  • 次へ »