優に

全て 副詞
883 の用例 (0.01 秒)
  • 少なくとも女一人を身うけする事が出来る位の金は優に得られる予定だ。 長与善郎『青銅の基督』より引用
  • 優に一時間もわたしを待っていた母は、階段の上に立って見張っていた。 ドーデ/大久保和郎訳『月曜物語』より引用
  • 年収は四千万円程だが、一人当たりの経費は優にその倍にはなるだろう。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • ドアがパッと開いて、優に五十人の戦士が外の廊下にいるのが見えた。 バローズ『火星シリーズ07 火星の秘密兵器』より引用
  • かたわらには大ぶりなボストンバッグが、優に二人ぶんの座席を占領していた。 内田康夫『後鳥羽伝説殺人事件』より引用
  • ほどなくドアが開くと、優に二十五人ほどの男が部屋にはいってきた。 バローズ『火星シリーズ08 火星の透明人間』より引用
  • しかもかかげた頭部までの高さは、優に家屋の二階以上の高さがあった。 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』より引用
  • 淡路島での十一年間を入れると優に半世紀を兵庫の地で暮らしたことになる。 灰谷健次郎『アメリカ嫌い』より引用
  • ゆうに百キロを超える質量がかべ激突げきとつし、部屋が恐ろしいくらいにれた。 有沢まみず『いぬかみっ!05』より引用
  • 寝そべったその姿は、優に二十メートルくらいの全長がありそうだった。 吉野匠『レイン6 大戦勃発 !』より引用
  • 優に、三階建てのビルを収容することができるほど、天井が高いのだ。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • その後には町の武装した男たちや兵隊たちが優に一箇中隊ほど続いた。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • 左右の端は緑や青に覆われているが、幅は優に一〇メートルを越すだろう。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07a D-北海魔行 上』より引用
  • 事件から優に半年以上たったのに、特別捜査本部は解散しなかった。 大藪春彦『野獣死すべし』より引用
  • もっとも陳列は優に一つの藝能なので、誰にでもできるとは云えません。 柳宗悦『日本民芸館について』より引用
  • 妻がベッドに入ってから優に三十分以上は経っているだろう。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 都市の天井の高さは一キロに及び、最大幅は十キロを優に超える。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • ほうほうの体で逃げ出してから優に三時間が経過し、時刻は午前一時に近い。 鈴木光司『らせん』より引用
  • その作品数は大量で、2年間で製作した作品数は優に1000点を超えた。
  • 男は耳の下辺りまでだが、女の方は、優に背中を覆うロングヘアだった。 津村秀介『大阪経由17時10分の死者』より引用
  • 次へ »