儚い

全て 形容詞
334 の用例 (0.00 秒)
  • このようなはかない二人のあいびきの後に、一体何が残るというのだろうか。 福永武彦『草の花』より引用
  • 淡くはかない影と見えるもののより真実の姿はいかにして捉え得るだろうか? ホーガン『ガニメデの優しい巨人』より引用
  • まるで遠子先輩自体が、物語の世界の住人みたいに、はかなく思えることが。 野村美月『文学少女シリーズ15 “文学少女”と恋する挿話集4』より引用
  • そんな儚い望みさえもが、リュウの微笑を前にして、音を立てて瓦解していく。 虚淵玄『鬼哭街』より引用
  • 儚いはずのものがここまで出しゃばってくると、逆に不安を感じてしまう。 ZUN『東方香霖堂 ~Guriosities of Lotus Asia』より引用
  • 朝咲いた花が昼しぼむことから、儚さの象徴として詠まれたものも多い。
  • 眩しい色と言っても、それは秋空を飛んでいる透明なはかなさのようであった。 川端康成『雪国』より引用
  • 幽霊と多くの文化で呼ばれているものは、弱々しく儚い影の現象でもある。
  • 大自然の前には人間一人の生命などこんなにもはかないものなのです。 喬林知『今日からマ王 第03巻 「今夜はマのつく大脱走!」』より引用
  • そこには現実に洗はれる人間意志の儚さが早くも見てとられた。 神西清『母たち』より引用
  • それは、朝が来れば消えてしまう星のように、儚いものかもしれない。 野村美月『文学少女シリーズ05 “文学少女”と慟哭の巡礼者』より引用
  • 自分もふくめた病室の三人は言葉をわさず、ただはかない彼女を見つめた。 乙一『きみにしか聞こえない CALLING YOU』より引用
  • 今日・明日の事しか考えない人々の姿を見て考えると、人の生涯は儚いものであります。
  • 確率的にいうと、それははかない努力ではあるのだが、それでも彼はやるだろう。 上遠野浩平『ぼくらは虚空に夜を視る』より引用
  • 余りにも美しすぎて、手をれたらはかなく消えてしまいそうなほどに。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • すべては夢幻の如く、その人が世を去ると同時に儚く消えていっているのだ。 上遠野浩平『わたしは虚夢を月に聴く 校正06 03 15』より引用
  • どこかはかなげでおとなしそうな外見をしているが、中身はそうでもなかった。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、発情中につき』より引用
  • 色の薄い唇に、溶け去る寸前の雪つぶのような、儚げな笑みが浮かんだ。 九里史生『SAO Web 外伝04 絶剣』より引用
  • 失恋の結果世をはかなみて、何度も何度も自殺しかけたんですってさあ。 夢野久作『狂人は笑う』より引用
  • 人は、笑顔ではかない希望を語る者の決死の覚悟かくご無駄むだにはできない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • 次へ »

儚い の使われ方