儒学

全て 名詞
1,705 の用例 (0.02 秒)
  • 実際、儒学を政治上に活用して政治大いに行われた大名もいくつかある。 海音寺潮五郎『史談と史論(上)』より引用
  • 西洋人の中には儒学を帝政期中国の国教であったと考えてきた者もいる。
  • 新儒家は宋代・明代の新儒学から強い影響を受けているが同一ではない。
  • 日本はむかしから儒学の影響で、男女七歳にして席を同じくしなかった。 稲垣史生『考証[時代劇]』より引用
  • そのため「信」が儒学の基本道徳の一つとされるようになったのである。 張競『恋の中国文明史』より引用
  • またまさに差異があったからこそ儒学の有効性が証明されたのである。 張競『恋の中国文明史』より引用
  • 高名の学者が多く、荊州学と称される主に儒学を形成するまでに至った。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • 戦争を止めた武士達の意識や教養に、言葉を供給したものは儒学であった。 小林秀雄『考えるヒント 2』より引用
  • このような傾向は同時代の儒学研究に共通にみられるものである。
  • 儒学の理想に重点をおくのと、実践のほうに重点をおくのとの差だった。 星新一『殿さまの日』より引用
  • 文政11年、清先の死去すると儒学者の頼山陽の元を訪れて弟子となる。
  • これにより、儒学者がその知識をもって官吏となる道が広がったのである。
  • このほか、氏鉄は文化事業でも儒学書を自ら著作するなどして発展させている。
  • 江戸時代の儒学者が中国の制度になぞらえて用いた漢語的呼称に由来する。
  • 元代皇帝のなかに儒学に好意を持っていた人がまったくなかったわけではない。 張競『恋の中国文明史』より引用
  • 天皇は儒学に対する関心が深く、日記にもそのことが反映されている。
  • 宋代以降、儒学文化にとって異民族文化は二つの面において脅威となった。 張競『恋の中国文明史』より引用
  • 儒学者より任命されることが多く天皇即位後は側近として活躍する例もあった。
  • より多く論じられたのは「人を愛する」という儒学の重要な概念である。 張競『恋の中国文明史』より引用
  • 日本の江戸時代の儒学者山鹿素行も著書中朝事実の中で同様の主張をした。
  • 次へ »