億光年

155 の用例 (0.01 秒)
  • 宇宙はそれよりも遠く、半径五十億光年の彼方にまでひろがる球体だという。 小松左京『復活の日』より引用
  • 宇宙は、一五〇億光年の巨大な広がりを持ち、その中に、様々な物質が様々な形態で存在している。 茂木健一郎『クオリア入門 心が脳を感じるとき』より引用
  • 赤方偏移の値が似ているため、実際の距離も約1億光年と近い。
  • 爆発は地球から47億光年離れており、肉眼では見えなかった。
  • 百億光年のゾーンはそういう世界なのだろうか? 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • ということは、彼らが惑星を非物質化しないかぎり、最低限度としても百億光年の奥の奥だということだ。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • そのとき最大のフィラメントは直径100億光年に成長している。
  • いいか、一番近い星でも四光年以上のむこう、一番遠い星だと何十億光年もむこうにある。 P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • 地球からの距離が約319億光年と、2014年時点で最も遠い天体の1つである。
  • クェーサーのスペクトルの吸収線から140億光年離れた銀河の存在を発見した。
  • というのは、銀河系は望遠鏡で見えるかぎり幾十億光年のさきの、もっと先までつづいているからだ。 ブラウン『天の光はすべて星』より引用
  • これは、約460億光年彼方にある宇宙光の地平面に対応する。
  • 私は途中で通達力が損傷せられる程度のもっとも小さいはずの十六メートル短波長電波を選んだが、四千億光年の大宇宙を渡りえられるものとは考えられない。 海野十三『放送された遺言』より引用
  • なぜなら、百五十億光年の先はどうなっているの? 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • 人類が作り得たもっとも倍率の高い天体望遠鏡をもってしても、見えるのは、五十億光年の距離までである。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • オロチは距離約120億光年と、宇宙誕生から約18億年経った頃の宇宙初期の天体である。
  • UDF 542とは、地球から見てろ座の方向に80億光年離れた位置にある銀河である。
  • 一億光年を一分間で走ることもできます。 海野十三『ふしぎ国探検』より引用
  • 光行距離では、電磁波により観測される宇宙の果てから地球までの光の旅した道のりは約138億光年と推定されている。
  • 現在の理論では、ビッグバン以降に宇宙に形成された衝撃波が、現在の宇宙の大規模構造を作る素になっているとされているが、その大規模構造の大きさは約12億光年を超えないとされている。
  • 次へ »