億光年離れた位置

14 の用例 (0.00 秒)
  • UDF 542とは、地球から見てろ座の方向に80億光年離れた位置にある銀河である。
  • やまねこ座超銀河団とは、地球から見て129億光年離れた位置にある超銀河団である。
  • かみのけ座超銀河団とは、地球から見てかみのけ座の方向に約3億光年離れた位置にある超銀河団である。
  • また、同じ視野に太陽の2000億倍の質量をもつ銀河と、120億光年離れた位置にも重い銀河が発見されている。
  • SCP 06F6とは、地球から見てうしかい座の方向に123億光年離れた位置で発見された天体または天文現象である。
  • NGC 474は、うお座の方角に約1億光年離れた位置にある楕円銀河である。
  • おたまじゃくし銀河は、りゅう座の方角に約4億光年離れた位置にある、破壊されつつある棒渦巻銀河である。
  • これは、PS1-10afxが今から約92億年前に、約138億光年離れた位置で発生した超新星であることを示す。
  • UDF12-4106-7304とは、地球から見てろ座の方向に約313億光年離れた位置に存在する天体である。
  • 彗星銀河は、ちょうこくしつ座の方角に約32億光年離れた位置に存在する渦巻銀河である。
  • NGC 7318は、ペガスス座の方角に約3億光年離れた位置にある一対の相互作用銀河である。
  • UDF 7556とは、UDF 2150とは、地球から見てろ座の方向に98億光年離れた位置にある渦巻銀河である。
  • メイオール天体は、おおぐま座の方角に約5億光年離れた位置で、2つの銀河が衝突してできた融合銀河である。
  • SDSS J0013+1523は地球から16億光年離れているが、自らの重力で75億光年離れた位置にある銀河の像を2つに分裂させている。