億光年の彼方

4 の用例 (0.00 秒)
  • 宇宙はそれよりも遠く、半径五十億光年の彼方にまでひろがる球体だという。 小松左京『復活の日』より引用
  • ハッブルの法則を当てはめるとバースト源は数十億光年の彼方にあることになる。
  • 天井に星が映し出されると、それはもう本物の星空、いえ本物の星空よりも深く遠く、数億光年の彼方に取り残されたよな寂寥せきりよう感が襲ってきます。 嶽本野ばら『それいぬ 正しい乙女になるために』より引用
  • 二十世紀までに、人類がつくり得た最大の望遠鏡、パロマー山天文台の二百インチ望遠鏡で、長時間露出によって撮影しうるもっとも遠い星は、二十億光年の彼方にある。 小松左京『復活の日』より引用