億光年のかなた

4 の用例 (0.00 秒)
  • 二千億年のむかし、原初の時点から時は流れはじめ、二千億光年のかなたでその流れはやむ。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • その吐き出す放射線は、遠く一千億光年のかなたにただよう他の星雲群を破壊しつつあった。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • それらの星雲のひろがりは、数十億、数百億光年のかなたから永劫の光を投げかけていた。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 今日、望遠鏡で探し求め得る最も遠い〈渦状星雲〉はパロマー山天文台の二百インチの巨鏡で認められる五十億光年のかなたにあるものだ。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用