僧院

全て 名詞
1,558 の用例 (0.01 秒)
  • 哲学者は僧院の一番奥の書斎に、ひとりだけ机に向って腰を下していた。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • これはフランス南部のドルドーニュ県にある僧院・仏教センターである。
  • 二週間経つと女王の礼状がつき、僧院長にすぐ来てくれとの事であった。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • 「この子の名前は何というのでしょう」黒いローブ姿の僧院長が尋ねた。 エディングス『エレニア記1 眠れる女王』より引用
  • セルギウスは僧院にゐたことが七年で、山籠をしてからが十三年になつた。 森林太郎『パアテル・セルギウス』より引用
  • 彼らは古い僧院の薄暗いゴチック式の拱廊きょうろうで自分たちの長を待っていた。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • そしてそのお団子の山のひとつひとつにも、僧院が立っているのだった。 西風隆介『神の系譜Ⅳ 幽霊の国・解』より引用
  • ここにはヒンズー教の僧院があり、地域経済の奪取を試みたことがある。
  • 「神父さま、私をこの僧院の後の扉から出してください」と彼は言った。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • 夕方、マリウッチアが父親といっしょに、僧院の門まで私を迎えに来た。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • 「酒でも入っているんじゃなかろうな」僧院長は疑わしげな声を上げた。 エディングス『エレニア記2 水晶の秘術』より引用
  • 友人のうちには、新年の贈物にもらった本を僧院に持ち込んだ者もいた。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • でも僧院の名誉が傷つけられたと怒っている尼僧たちは答えたものでした。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • その人の娘が僧院で育てられたかどうかはわたしは知りません。 シムノン/長島良三訳『メグレと口の固い証人たち』より引用
  • あるいはまた彼らの首領かしらが僧院のどこかに隠れているのであろうか? ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • その間にも注文はありがたいことに僧院につぎからつぎへとやってきました。 ドーデ/大久保和郎訳『風車小屋だより』より引用
  • 「外に出たらじゅうぶんに気をつけるのだぞ」僧院長は真剣な顔になった。 エディングス『エレニア記2 水晶の秘術』より引用
  • 以前この寺の僧院であつた隣の建築物はツウル市の博物館に成つて居る。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • その結果、会士はほとんど僧院から出られない状態に陥ってしまった。
  • 僧院の門は開いていて、スパーホークたち一行は中庭へ馬を乗り入れた。 エディングス『エレニア記3 四つの騎士団』より引用
  • 次へ »