僧侶

全て 名詞
6,521 の用例 (0.02 秒)
  • 確かに僧侶の服装なのではあるが、全てが赤い色で統一されているのだ。 神坂一『スレイヤーズ01 スレイヤーズ!』より引用
  • 大抵二十一日間の僧侶一人の収入は毎年五円以上十円位まで大差はない。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 一時の若気わかげで僧侶の正しい行いをまっとうすることが出来なかったのである。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • これで僧侶の区別わかちが二つあるということが、よく分ったろうと思います。 河口慧海『チベット旅行記(上)』より引用
  • けれども僧侶の身分なので、心のうちでどんなにか煩悶したそうである。 豊島与志雄『或る女の手記』より引用
  • これまでの僧侶的な仏教学者達の思いも及ばぬ古典紹介ぶりであったのだ。 戸坂潤『世界の一環としての日本』より引用
  • 本堂の外に出ると僧舎が沢山あって僧侶が五百名程住んで居るそうです。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 僧侶ばうずの話では、仏様はそんな物よりもお鳥目てうもくの方が好きらしかつたから。 薄田泣菫『茶話』より引用
  • 犯人は被害者が僧侶であることを隠すためにこんなことをしたんです。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『01 アンクルから来た男』より引用
  • さればその犯罪処罰の場合にも、その扱いが普通の僧侶とは別であった。 喜田貞吉『濫僧考補遺』より引用
  • 相手の女は嵯峨あたりの僧侶の娘で、東山にある宗教学校に通つてゐた。 武田麟太郎『現代詩』より引用
  • 平野は、自分が僧侶の家の出の長子であることを文学仲間に隠し続ける。 加藤典洋『敗戦後論』より引用
  • 女の住んでいない寺中じちゅうでは、僧侶が針や鋏を持つことが無いとも云えない。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 通則として、僧侶は結婚した女でなければ、子供を生ましてはいけない。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • これで僧侶の区別わかちが二つあるということがよく分ったろうと思います。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • ただ僧侶と法律家はべつで、これには一度もお目にかかったことがない。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • 僧侶は自分の家へ連れていって、女中のつくったうまい夕食を食わせた。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 僧侶は階段を下りて来て、それを階段の一番上において、またおりて来た。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • 村で起こった事件のせいか、寺院には僧侶たちのいのる声がひびいていた。 桜庭一樹『GOSICK 第3巻』より引用
  • しかしてその修行はただ主宰の位置にある僧侶階級にのみ限られていた。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 次へ »