僕ら

全て 名詞
6,215 の用例 (0.02 秒)
  • そして尊いその球を僕らが守護していることも世間の人は知っている。 国枝史郎『沙漠の古都』より引用
  • 僕らや白人観光客たちの飲んでいるバーのすみで、彼らは演奏していた。 喜多嶋隆『水平線ストーリー』より引用
  • ちなみに僕らの前の席にいる秀吉は座席越しにこちらを向いている。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』より引用
  • 「そして僕らはボートから降りて、地上の生活に戻る」と天吾は言った。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 僕らはとうとう潮の干く時まで橋際に停船していなければならなかった。 山之口貘『ダルマ船日記』より引用
  • これだけ日本と違うんだから、どうも僕らは追っつけたものじゃない。 横光利一『旅愁』より引用
  • 僕らがここのこの坂をせっせとこうして登っているのは、何んのためだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • 猫がうまそうに食べるのを見て、僕らも、またもう一度食べたくなった。 レマルク/蕗沢忠枝訳『西部戦線異状なし』より引用
  • この夏の哀しい思い出は、あまり僕らを大人にはしてくれない気がする。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』より引用
  • 貧しい支那人の生活なのですが、僕らの方がどれだけみじめかも知れない。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • この先も僕らは君の協力を得つづけられると解釈かいしゃくしていいのかな? 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 02』より引用
  • 母は慌てて隠そうとしたのですが、僕らはそれヽヽを見てしまったのです。 内田康夫『後鳥羽伝説殺人事件』より引用
  • しかし僕らは大旅行をしても、旅費は二十円を越えたことはなかった。 芥川竜之介『追憶』より引用
  • つまりメッセージを解読したところでさ、僕らには関係ないことだがね。 森博嗣『G 02 θは遊んでくれたよ』より引用
  • 始めは僕らも気がつかなかったが今から考えると妙な事ばかり並べていたよ。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 不意に僕らに会いにきたのは、たぶん、別れを言うためだと思います。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 僕らはあなたがいても議論をするのは、つまり尊敬しているからさ。 横光利一『旅愁』より引用
  • ロイロット博士が帰ってきて、僕らがここにいると知れては台無しです。 ドイル・アーサー・コナン『まだらのひも』より引用
  • そして僕らが一緒に受信料の集金にまわった日々は遠い昔に終わったんだ。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 僕らに流れているのは皆、同じ血なんだから、選ばれた血を、受けるんだ! 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • 次へ »