僕ら子供たち

5 の用例 (0.00 秒)
  • 僕ら子供たちは黒人兵にかかりきりになり、生活のあらゆるすみずみを黒人兵でみたしていた。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • 書記は当惑して、ものがなしそうな微笑をうかべたが僕ら子供たちは大笑いだった。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • 彼らは部落長の家の部落共有の種牛が道を来ると草むらに下りてそれを避けるように、僕ら子供たちに囲まれた黒人兵に出会うと顔をそむけて横に避けるだけなのだった。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • 子供たちがそれぞれの家の仕事にかりだされて忙がしく黒人兵の地下の住居を訪れない時にも、広場へ上って来てかげにいねむったり、敷石道をゆっくり前屈みに歩いて来たりする黒人兵を、僕ら子供たちも、大人たちも驚きの気持なしに見るのだった。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • 僕ら子供たちは、特に兎口が半裸の躰を火に輝かせてくわを造る手伝いをしている時など、黒人兵を囲んで鍛冶屋の小屋まで出かけるのだった。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用