僕ら三人

30 の用例 (0.00 秒)
  • 僕ら三人は、黙って煙を吹いていたが、とうとう彼女が口を切った。 モーム/中野好夫訳『月と六ペンス』より引用
  • 僕ら三人がそのままショッピングモールを出て、通りを歩きかけた時だった。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 他人はどうあれ、僕ら三人はたしかにあそこへ行って散々な目にあって来たんです。 半村良『亜空間要塞の逆襲』より引用
  • 江口は僕ら三人を相手にしても始まらないと思ったらしい。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • リンネんの前で合流した僕ら三人が向かったのは、歩いて十分ぐらいのところにある市民プールだった。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • 僕ら三人が宿舎を出た時、外にはすでに眩い陽が射していた。 田久保英夫『深い河』より引用
  • こんな風に僕ら三人の間の狂った関係が整理されて後一か月して精養軒で結婚式を挙げると僕とM子とは新家庭の主人公となった。 有島武郎『生まれ出づる悩み』より引用
  • 犯人は、僕ら三人の中の誰でもありうる。 綾辻行人『十角館の殺人』より引用
  • 控え室の隅で僕ら三人は膝を抱えて嘆いていた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』より引用
  • 動いているのは僕ら三人だけ。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 僕ら三人が向かったのは街中にほど近い、時載ときのりにとってもっとも馴染なじみ深い場所だった。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • 取りあえず僕ら三人は手分けして『オラムの眼鏡』を捜すことにした。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • それから、僕ら三人は、この千葉縣の海岸に來たのです。 三好十郎『肌の匂い』より引用
  • っていうかこの気まずい感じっていうのはそんな難しいことじゃなくてただ単に僕ら三人がお互いをよく知らないっていうことだけじゃないのかなあ。 町田康『パンク侍、斬られて候』より引用
  • 君のなまぬるい神経に僕ら三人の運命の結末がどう映るか。 有島武郎『生まれ出づる悩み』より引用
  • でも、僕ら三人だけの手にはあまる仕事じゃない? 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • 今は僕ら三人しかいない。 赤川次郎『冒険入りタイム・カプセル』より引用
  • トランクスタイプの水着に着替えた僕ら三人はプールサイドで女子の登場を今か今かと待ちわびていた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 3.5』より引用
  • 従って当然、この、入り乱れて往復している三組は、僕ら三人の足跡だってわけだ。 綾辻行人『十角館の殺人』より引用
  • その三日間で、僕ら三人は急にしたしくなった。 安岡章太郎『花祭』より引用
  • 次へ »