僕らは黒人兵

8 の用例 (0.00 秒)
  • 僕らは黒人兵の両腕を引っぱって彼を立たせ、それが以前からの習慣ででもあったように少しもためらわないで黒人兵と一緒に広場へ上った。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • 僕らは黒人兵をたぐいまれなすばらしい家畜、天才的な動物だと考えるのだった。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • 僕らは黒人兵をたびたび地下倉からさそい出して村の敷石道を一緒に散歩しはじめた。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • そういう時、僕らは黒人兵が僕らの仕事を覗きこむためにやって来るのを心から待っているのだった。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • 兎口は女の子の一人を掴まえて彼の猥らな儀式を始め、僕らは黒人兵を連れて行って、最も都合の良い位置から、彼に兎口の快楽の享受きょうじゅを見せるのだった。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • そして僕らは黒人兵と急激に深く激しい、殆ど《人間的》なきずなで結びついたことに気づくのだった。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • 僕と兎口が父につきそわれ、樽をとりに地下倉へ下りて行き、黒人兵がズボンをずりさげ黒く光る尻を突き出して、殆ど交尾する犬のような姿勢で小さな樽にまたがっているのにでくわしたりすると、僕らは黒人兵の尻のうしろでしばらく待たねばならない。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • 僕らは黒人兵の周りで裸の腰をぶつけあいながらはやしたて、黒人兵はそのセクスを握りしめると牡山羊おやぎがいどむ時のような剽悍ひょうかんな姿勢をしてわめいた。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用