僕らの話

13 の用例 (0.00 秒)
  • したがってまた僕らの話はいつか古典の上へ落ちていった。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • けれどもやはり僕らの話は女のことを離れなかった。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • が、いつか僕らの話に全然興味を失っていました。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • 川蒸汽は僕らの話のうちに厩橋の下へはいって行った。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • 僕も説明の難しい事柄をいろいろ知っているけれど、叔母さんの方にも謎めいた隠し事があるみたいで、僕らの話は先に進んでいるようでいながら同じところで止まっていた。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • と、僕らの話を小耳にはさんだエリカ達が、話の輪に入ってくる。 竹井10日『ポケロリ 01 りぼんの章』より引用
  • 下の車道からは常に騒音が響いてきているので、よほど近づかないと僕らの話を盗み聞くことはできないだろう。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 僕らの話は聞こえない距離だ。 森博嗣『スカイ・クロラ』より引用
  • こういう僕らの話のうちににわかに僕らを驚かしたのは「T君万歳ばんざい」という声だった。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • 無精髭ぶしようひげを伸ばした妻の弟も寝床の上に起き直ったまま、いつもの通り遠慮がちに僕らの話に加わり出した。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • 僕らの話がきこえてたんだろう。 喜多嶋隆『南十字星ホテルにて』より引用
  • その間、ミセス・ストルーヴは、静かに、黙々と靴下くつしたの繕いをつづけながら、柔らかな微笑を浮べて、僕らの話を聞いていた。 モーム/中野好夫訳『月と六ペンス』より引用
  • おじさん、おばさん、僕らの話、聞こえてるんでしょ。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用