僕らの目

19 の用例 (0.00 秒)
  • 僕らの目の前に広げられたアルバムの中に彼女が言うべきことはすべて語り尽くされている。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • 僕らの目の前に、身長百九十五センチはあろうかという巨漢きょかんの警備員が立っていた。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 惠はあのビルで殺人を犯し、 それからずっと僕らの目の前に居た。 暁works『るいは智を呼ぶ④ 白鞘伊代』より引用
  • 敵は一気にレグレスタ街道を抜けてそのまま僕らの目の前を駆け抜けていったよ。 児玉ヒロキ『イット』より引用
  • 僕らの目から見ると、まだ毒されていない感じだなあ。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • 僕らの目の前で、荒廃した庭に本格的に緑が甦っていく。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 松岡は僕らの目を意識してか、つとめて冷静に言ったが、その声は喉の奥でかすれた。 田久保英夫『深い河』より引用
  • そろそろ退屈してきていた僕らの目を醒まさせたのは、 注目していた屋敷とは違う場所からの物音だった。 暁works『るいは智を呼ぶ④ 白鞘伊代』より引用
  • もしまたその他の場所を負傷したのだったら、男の身動きするのが、僕らの目にとまった筈である。 レマルク/蕗沢忠枝訳『西部戦線異状なし』より引用
  • 僕らが退却しようとした瞬間に、三つの顔が、僕らの目の先の地面からもちあがった。 レマルク/蕗沢忠枝訳『西部戦線異状なし』より引用
  • もたらされたのは決して大団円だけではなかったことを、何よりも僕らの目の前の光景が、はっきりと告げていた。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 鷹原は写真を僕らの目の前に置いた。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • 呆然ぼうぜんとする僕らの目の前で女の子は回転ドアをくぐると、何食わぬ顔でエントランスを後にした。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • 僕らを砲撃する大砲の姿は、僕らの目に見えなかったし、敵の第一線に立って攻撃する敵兵も、僕らと同じ人間だった。 レマルク/蕗沢忠枝訳『西部戦線異状なし』より引用
  • 所を移した僕らの目の前に、先日、あのホテルの会場で溜息ためいきと共に眺めたハゼル・ジュビュック晩年の最高傑作けっさくがあった。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • しばらく前からもう僕たちが坐り込んでいてなれっこになってきた暗闇は、今はもう僕らの目の前に、見る見るはるかに、さまざまに穹窿きゅうりゅう形をなした丘の上に拡がってゆき、空ももうその蒼ざめたほのかな光を失って、暗黒となってゆく。 ヘッセ/芳賀檀訳『漂泊の人(クヌルプ)』より引用
  • 絹川雪子は、現に僕らの目の前に泣き伏しているじゃないか。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • 絵はがきか、さもなければ観光案内用のパンフレットの見開きにるような見事な眺望ちょうぼうが、硝子ガラス越しに僕らの目の前に開けてる。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 僕らの目も思わずそちらに釘付くぎづけになるようなサンデーは、ボリュームたっぷりなアメリカン・サイズで、縦切りにされたバナナが帯のように四方から突き出ている。 五百香ノエル『天秤座号殺人事件』より引用