僕らの方

33 の用例 (0.00 秒)
  • 貧しい支那人の生活なのですが、僕らの方がどれだけみじめかも知れない。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • と、やがて女たちは家の中に入って、僕らの方へ着物を投げた。 レマルク/蕗沢忠枝訳『西部戦線異状なし』より引用
  • 僕らの方でもね、少し話はちがふけれども、ことばについて似たやうなことがあるよ。 宮沢賢治『林の底』より引用
  • 向こうが退屈しないよう、そろそろ僕らの方も本気で、舞台に上がろうじゃないか。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 番外編 おじょうさまのしゃな』より引用
  • やがて一通り手紙を読み終えた緒方夫人は眼鏡を外し、改めて僕らの方に向きなおった。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • それや身体から言えば僕らの方が一番貧弱だ。 久米正雄『競漕』より引用
  • そうして彼はふりむいて窓からガラス越しにのぞいている僕らの方を横眼で見て、小便のしどころを示すのだ。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • 僕らが近寄るので、両の乳をしっかり握り、僕らの方を見て不安そうな顔つきをした。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • ソローは自信に満ちた表情でそう言うと、コツコツという靴音くつおとを立てて僕らの方に歩み寄った。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 僕らが降りてゆく途中、ロバートは廊下に立って、例の歯をむきだしてにやにや笑いながら、きっと何か恐ろしいことが起こるのに馬鹿な人たちだなといったような顔をして、僕らの方をながめていた。 クラウフォード・フランシス・マリオン『世界怪談名作集』より引用
  • 姫路さんはもじもじしながら僕らの方を見ている。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 01』より引用
  • 秀ちゃん吉ちゃんが、生れつきの双生児でないことはね、君は医者でないから知らないけれど、僕らの方では常識なんだよ。 江戸川乱歩『孤島の鬼』より引用
  • 二十四、五かと思われる屈強な壮漢わかもの手綱たづないて僕らの方を見向きもしないで通ってゆくのを僕はじっとみつめていた。 国木田独歩『忘れえぬ人々』より引用
  • いつの間にか、慎二さんではなく、僕らの方が、土下座をしない彼に苛々していた。 吉田修一『パーク・ライフ』より引用
  • 時々、僕らの方は新しいメンバー補充の為に、69へ行ってジゴロ狩りするけど。 中上健次『野性の火炎樹』より引用
  • けれども依然として僕らの方へ真後を向けたまゝで一直線に擦り出て行ったのだから、無論その蔭に何があるか見えはしなかった。 谷崎潤一郎/種村季弘編『美食倶楽部 谷崎潤一郎大正作品集』より引用
  • 気障きざな口調でそんな説明を口にし、皮肉めいた口元を見せながら、白髪はくはつでサングラスをかけた長身の男が僕らの方へ歩いてくる。 竹井10日『ポケロリ 02 なかよしの章』より引用
  • たぶん僕らの方が強いよ。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • 画面を食い入るように見ていた元旦が、僕らの方を振り返り、一段と深い笑みを浮かべた。 吉田修一『パーク・ライフ』より引用
  • 鉄人は教科書を読み上げながらも僕らの方を向いている。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 06』より引用
  • 次へ »