僕らの前

40 の用例 (0.00 秒)
  • 同じように拍手を受けながら、二人はゆっくりと僕らの前にやってきた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 02』より引用
  • ちなみに僕らの前の席にいる秀吉は座席越しにこちらを向いている。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』より引用
  • 彼が再び頭を上げたときには、ハルナさんはすでに僕らの前から消えていた。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • 二輪馬車が入って来て僕らの前で止まり、ひとみの大きな男が下りてきた。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • 僕らの前には夏外套なつがいとうを着た、顋髯あごひげの長い老人さえやはり船ばたに立っていたのである。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • 若女将は丁寧に点てた抹茶を僕らの前にそっと置いてから静かに退室した。 五百香ノエル『骸谷温泉殺人事件』より引用
  • そして彼女が僕らの前を横切ろうとしたとき、瞑は思いがけない行動に出た。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • ふと僕らの前を一人の西洋人の青年が通りがかった。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • マイクロバスかと思えるほど大きな車がやってきて、ゆっくりと僕らの前に停まった。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』より引用
  • どれだけの呪いと痛みが僕らの前にあるだろう。 暁works『るいは智を呼ぶ⑤ 茅場茜子』より引用
  • 僕らの前に彼の姿はなかった。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • そんな僕らの前に、あのシイラがあらわれたのは、一昨年おととしだった。 喜多嶋隆『砂にかいたラヴ・レター』より引用
  • 絶句する僕らの前を、胴体から離れた召喚獣の首が静かに横切る。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 06』より引用
  • 千住さんが僕らの前から姿を隠し、なぞの殺人鬼になって、一人、また一人と血祭りにあげているとしても、何か理由があるはずです! 赤川次郎『死者は空中を歩く』より引用
  • 僕らの前半生は、軍隊に一度足を踏みいれた瞬間に、完全に僕らから切り離されてしまったのだ。 レマルク/蕗沢忠枝訳『西部戦線異状なし』より引用
  • 僕らの前にズラリと並んでいるプールサイドのデッキ・チェアー。 喜多嶋隆『南十字星ホテルにて』より引用
  • やがて、僕らの前にグラスが置かれた。 喜多嶋隆『南十字星ホテルにて』より引用
  • 小山さんが僕らの前に何かを突きつけてきた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 03』より引用
  • が、その代りに僕らの前に新しい鉄橋を造ろうとしている。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • とうぜん、江上さんも僕らの前から姿を消してしまった。 桐生祐狩『夏の滴』より引用
  • 次へ »