僕ら

全て 名詞
6,215 の用例 (0.03 秒)
  • この話はなんとしても実現させまいと、僕ら四人は必死に抵抗を始めた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』より引用
  • 僕らは漬物のような色をした太陽を描いてもよいわけではありませんか。 織田作之助『吉岡芳兼様へ』より引用
  • しかし僕らの社会はもう利子を取ることが悪いことだとは思いませんね。 大澤真幸『戦後の思想空間』より引用
  • ところが昭和五十年代という切り方は、僕らに何のイメージも与えない。 大澤真幸『戦後の思想空間』より引用
  • すると神の思考速度は僕らの三六万五〇〇〇分の一ということになる。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • だだし僕らがあなたの家族や家や財産まで守ると思ったら大間違いだ。 九条公人『NEON GENESIS EVANGELION』より引用
  • いや、あなた方というのは、個人的な僕らを指している訳ではないのか? 竹井10日『ポケロリ 01 りぼんの章』より引用
  • 僕らが食堂から出ようとしていると、聞きおぼえのある声が僕を呼んだ。 クリスティ/小西宏訳『「ポワロ参上!」3』より引用
  • お暇でしたら六時にいらして下さい、僕らは皆一緒の所におりますから。 横光利一『旅愁』より引用
  • ただし、これは僕ら二人の間だけのことで、他に対しての発言は自由だ。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • その日の撮影を終えた僕らは、夕食のために1軒のレストランに入った。 喜多嶋隆『島からのエア・メール』より引用
  • おまえは、墓地で僕らのすることが人間の目に触れないように出来るか? 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • 月のいい地上の空に、僕らが二つの影を投げていたのをおぼえている。 岩野泡鳴『耽溺』より引用
  • 僕らの求めている電気に似たような、そんな精神は言葉にはまだ無いのだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • 失って全てを白紙に戻してしまうために僕らの関係は続いていたのだろう。 尾崎豊『堕天使達のレクイエム』より引用
  • これは繩抜け術とはちがうが、僕らの今の場合はそうする方がいいのだ。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • 僕らの田舎なんかでは、大正時代に入っても使ってませんでしたがね。 河盛好蔵『井伏鱒二随聞』より引用
  • いつもどおりまっ白い歯を見せて微笑わらうと、僕らを門の中に案内した。 喜多嶋隆『水平線ストーリー』より引用
  • その黒い服さえなかったら、あなたは僕らの中の誰にでも似ています。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • しかし、そこは僕らの階級の習慣から、自然に巧い笑顔が出て来るんだ。 横光利一『上海』より引用
  • 次へ »