働きバチ

全て 名詞
86 の用例 (0.00 秒)
  • 働きバチは、母親の女王のために働くだけで、自分では子供を産まない。
  • しかし、この説では、働きバチの方で反乱を起こす可能性が否定できない。
  • 最初の10日間は働きバチは巣の手入れをして、幼虫に餌を食べさせる。
  • ミツバチの働きバチは受精卵から発生する2倍体であり全てメスである。
  • 女王バチが働きバチに比べ長寿で体も大きくなるのはこの特別食のおかげである。
  • それに引きかえ、航宙艦は働きバチのように実り豊かな結果をもたらした。 ジェイムズ・ブリッシュ『01 宇宙大作戦 No1』より引用
  • こうした初期の巣固有の特徴も、働きバチの誕生に伴い巣が拡張されると失われていく。
  • 雌である働きバチの遺伝子は半分が母親に、半分が父親に由来する。
  • 働きバチは女王バチのために、一生、身を粉にして働くさだめである。 群ようこ『ネコの住所録』より引用
  • このことによって、よりよい蜜源へ働きバチを集中的に動員できる。
  • この際、女王バチを護って働きバチが塊のようになる分封蜂球を作る。
  • 働きバチの例はそれより深刻で、働きバチはそもそも繁殖をしない。
  • ミツバチの中には天敵に巣をおそわれた場合に、働きバチが子を食べてしまう場合がある。
  • 例えば女王や働きバチなどの階級があり、それぞれに役割分担があるなど、人間社会を思わせるものである。
  • しかし働きバチのような生殖をしない階級の重要性が認められた事で、社会性昆虫に見られるような繁殖をしない階級の存在するものを真社会性生物というようになった。
  • 女王蜂は各々の卵を働きバチによって作成される六角形のセルに産卵する。
  • つまり働きバチの行動は個体としては利他的だが、遺伝子にとっては利己的なのである。
  • 特定の年齢の働きバチは、一連の腺から腹部の上で蜜蝋を分泌する。
  • 自らは子孫を残さずひたすら女王バチに献身する働きバチの行動に、どのような進化的利益があるのか?
  • このようにして、社会性昆虫における働きバチのようなあり方が、自然選択説で説明できることになった。
  • 次へ »