僅かな時間

147 の用例 (0.00 秒)
  • それまでの僅かな時間、僕は六区のあの劇場で楽しく過ごしたいんだよ。 西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』より引用
  • それは時計の目盛りからいえば、ほんの僅かな時間だったかもしれない。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編03 怪奇幻想』より引用
  • しかも必要なときの僅かな時間だけですし、彼自身もそれに気づいてません。 奈須きのこ『歌月十夜 36 日向色の日常』より引用
  • しかしどれほど多くの人々が、この作品の僅かな時間に心動かすことか。
  • そしてその僅かな時間が、私の一日の中で最も愉しい時間なのでした。 蘭郁二郎『歪んだ夢』より引用
  • 夕暮ゆうぐれとよるあいだわずかな時間じかんだけ、そらひろがる藍色あいいろおなじ色をしている。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編04 夢の涯』より引用
  • そのわずかな時間の中で、明夫の気持はすこしずつ揺れを増していった。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • 心地よい僅かな時間はすぐに過ぎ、気がつけば アパートの前に到着だ。 暁works『るいは智を呼ぶ② 花城花鶏』より引用
  • 主に巣穴の中で生活するが、採食のために僅かな時間だけ地表で活動する。
  • それはほんの僅かな時間だったのだろうけれど、私には長いことのように思えた。 堀辰雄『菜穂子』より引用
  • あの時の写真を荘介が目にしたのは、わずかな時間であったろう。 岩井志麻子『岡山女』より引用
  • 十二時のハト号を二時の飛行機に変更したわずかな時間の余裕で済むことなのだ。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • 待っている僅かな時間がひどく長く感じられて、伊三次は苛立った。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • その年前半の僅かな時間でアルバムを作成し、ツアーのリハーサルを行った。
  • 主人たちはみな恭子さんの死体に触りましたが、ごくわずかな時間です。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』より引用
  • そんなわずかな時間で人がこれだけ生み増えたのは驚くばかりだ。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • 次の晩、彼は汽車に乗る前の僅かな時間を、クララと映画館で過した。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • あの花火の夜以降、二度会っただけで、それも、ほんの僅かな時間だった。 森博嗣『四季 2 夏』より引用
  • 僅かな時間で本人が気づいていないとはいえ、他人が勝手に意識を乗っ取るんだ。 奈須きのこ『歌月十夜 36 日向色の日常』より引用
  • 三浦の心の中に、僅かな時間のうちに何かが起こったとより、考えようがない。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 次へ »

僅かな時間 の使われ方