僅かな例外を除き

17 の用例 (0.00 秒)
  • これらの球団経営は、僅かな例外を除いては赤字といわれていた。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用
  • 南アメリカでの僅かな例外を除き、多丘歯目の分布は北半球でしか知られていない。
  • この耐久持続力は、ごくわずかな例外をのぞいて遺伝いでん的なものであり、訓練でどうにかできるものではない。 和田篤志『異世界の聖機師物語』より引用
  • 写真の司祭のような祭服着用は、写真撮影の為などの僅かな例外を除き、基本的には奉神礼の中でのみ行われる。
  • 事実、ピアノ史上に名を留める多くのピアニストたちの経歴をふり返ってみると、パデレフスキーに代表されるようなごく僅かな例外を除いてその大部分に共通する点は、まず四歳五歳という幼い年齢の頃から他の子供たちとは明らかに異なった尋常ならざる能力を発揮していた、ということが分る。 中村紘子『ピアニストという蛮族がいる』より引用
  • 今ではわずかな例外を除いた、ほぼ全ての〝ともがら〟が、この『人化じんか』の自在法じざいほうによって人間の姿を取っている。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 0(短編)』より引用
  • ある領域が一旦米国に編入されると、その編入状態が解かれることはなく、独立の承認や他国への割譲といった僅かな例外を除いて永久に米国憲法の管轄下におかれる。
  • ルーテル教会を除き、プロテスタントには極めて僅かな例外を除いて修道院は無い。
  • しかし、いくつかの昆虫はとてつもなく広い範囲を取り囲むまで増殖し、最後には僅かな例外を除いて減少して平常の分布数に戻る。
  • 以下で議論される僅かな例外を除いて、一般にこの版が『ガリヴァー旅行記』の初版であると見なされている。
  • 終電車の乗客は、僅かな例外を除いて、そして女給車などを除いて、みな鋭く眼を光らせ、表情を緊張させ興奮の色まで帯びて、精力的である。 豊島与志雄『録音集』より引用
  • この神が現れるところは常に創造と破壊の入り混じった爆発的な混沌のみが吹き荒れるため、これを待望する崇拝者は、シャッガイの昆虫など僅かな例外を除き存在しない。
  • ヴィルスガールドは、その在任期間中にごく僅かな例外を除いて、ほぼ全てのボルボ車をチーフデザイナーとして手掛けた。
  • 始発電車の乗客は、やはり僅かな例外を除いて、みなうとうとしており、頬の肉はたるみ、蒼ざめ疲れはてて、少しの元気もない。 豊島与志雄『録音集』より引用
  • 酸化数は僅かな例外を除き、常に+IIとなる。
  • ロンドン中心部において交通量が著しく多いと指定を受けた区画に流入する場合、僅かな例外を除き、自家用車の場合で1日当り10ポンドの課金が請求される。
  • ナポリ公国は、1020年代にセルジオ4世がランドルフォ・ドレグノットに支援を求めて以来、僅かな例外を除きアヴェルサとカプアのノルマン人の同盟者であった。