僅かなもの

87 の用例 (0.00 秒)
  • 交した会話だってほんのわずかなもので、信頼するに足る機会など皆無だ。 西尾維新『零崎双識の人間試験(全話)』より引用
  • ほんのわずかなものであったが、致命的なモノに繋がりかねない低下である。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第05巻』より引用
  • 私が私でいられる時間は、あと僅かなものかもしれない。 奈須きのこ『月姫 翡翠 true.txt』より引用
  • しかしながら、この哨戒での敵との遭遇はごく僅かなものであった。
  • しかも其の僅かなものでも、それを手に入れるには非常な困難をしなければならないのだ。 ゴールドマン・エマ『子供の保護』より引用
  • 見つけることのできたものは僅かなものにすぎなかったが、その日の分としては充分だった。 ハドスン/守屋陽一訳『緑の館』より引用
  • とすれば、私達がこれから食べられるご飯の数なんてわずかなものよ。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 極めて僅かなものであったに違いない。 松本清張『日本の黒い霧(下)』より引用
  • 表面近くの僅かなものしか影響しない。 森博嗣『G 06 ηなのに夢のよう』より引用
  • 自分は僅かなもので十分満足できた。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(上)』より引用
  • 病気から私がうける苦痛はきわめて僅かなものである。 渡部昇一『新常識主義のすすめ』より引用
  • 自然世界に存在するものは全て何らかの形式で記述されてきたが、ごく僅かなものが同一種内に共存している。
  • 演奏会は大成功を収めたが、出費が影響して経済的には僅かなものでしかもたらすことができなかった。
  • この公文書のうち、僅かなものが現在にも伝わっている。
  • 地主としても保守思想家としても成功したが、全生涯を通じて出版は僅かなものとなっている。
  • こうして、ほんの少しある差に、さらに、ごくわずかなものをつけたすのである。 ルナール/窪田般彌訳『にんじん』より引用
  • 香港との取引きは僅かなものだったのだ。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • だから十七人の子供ったって僅かなものさ。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • そんなことがあってから数日後、旧盆に仲造のところに僅かなものを贈っておいた礼手紙が届いた。 佐藤垢石『縁談』より引用
  • 幕府の終りに於ては江戸に數萬の士が居つたけれども、彰義隊となつて上野に立籠つた者は僅かなものである。 竹越与三郎『日本の真の姿』より引用
  • 次へ »