傾斜が緩い

20 の用例 (0.00 秒)
  • 太郎平まではズーと下りだが、傾斜が緩いためかあまり飛ばなかった。 加藤文太郎『単独行』より引用
  • それはいかに傾斜が緩くなろうと決してひとつになることのない、二つに分かれた世界をあらわす厳然たる象徴だった。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 紙があまり丈夫でないし、屋根の傾斜が緩いので、そう長くは持ちそうもないが、今後一年ぐらいは雨が洩らぬであろう。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 吻端は長く、眼部までの傾斜が緩く突起も見られず滑らかなことが和名の由来になっている。
  • 峠の下りは上の方は辷ったが下の方は傾斜が緩く、かつ晴天になったため、あまり辷らなかった。 加藤文太郎『単独行』より引用
  • 屏風ガ浦は、傾斜が緩く、実験をされておわかりのように、なかなか自然には落ちません。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 水平方向の差の大きさは海岸の傾斜により、当然ながら同じ水位差であれば傾斜が緩い方が、つまり遠浅な方がその差は大きい。
  • 左岸が切り立っているのに対して、右岸の傾斜がゆるくなっているために台地のように見えますが、本来は谷の一部です。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 駅構内のスロープは2009年4月バリアフリー対策の新基準に合わせて傾斜が緩くされた。
  • プロレス・格闘技ではこのステージにも椅子を設置し、客席としていたが、ひな壇の傾斜が緩いため見づらいことが以前から指摘されていた。
  • しかし陸上競技場であること、バックスタンドに屋根が架かっていないこと、スタンドの傾斜が緩いことなどからサッカー観戦には不向きであると言われていた。
  • サイドスタンドは傾斜が緩く、サッカー開催時にはピッチとの距離もあるためか、アビスパ福岡のゲームではホーム側のサポーターはゴール裏ではなくバックスタンドのサイド寄りで応援する姿が見られる。
  • 屋根は傾斜が緩く、木造のものがそのまま露出した全体的に単純な構造であるが、鮮やかな彩色が施されている。
  • 比較的傾斜が緩くなってきたのに加え、風を遮る背が高い樹木がないため、寒風に晒された雪面は硬く締まっていた。 熊谷達也『邂逅(かいこう)の森』より引用
  • 逆断層のうち特に断層面の傾斜が緩く乗り上げが顕著なものを衝上断層と呼ぶことがある。
  • 登山口まで路線バスが利用しやすく、傾斜が緩く、板階段などが整備されたコースで、入り口に食堂、途中に売店もあるため、最も多くの登山客が利用する。
  • これは同様の可動スタンドを持つ球場でも言えることであるが、当ドームはホヴァリングステージの存在のため最前列が高く設定されておりより傾斜が緩い。
  • 島民は山の中腹以上の急傾斜なところを禿山として残している以外は、山裾で傾斜が緩い斜面になっているところに草を植えた。
  • また、直線部分の内側への傾斜が緩いと、向こう正面から捲りをかける選手はコーナーに差し掛かった時に急に上るような感覚に襲われ、捲りづらくなる。
  • 操作面はデスクタイプの運転台で、計器盤は傾斜が緩く、TISモニター部分のみ計器盤が上部に出っ張っている。