傾城

全て 名詞
373 の例文 (0.01 秒)
  • からだしんがきりきり痛むのだけれど、男地獄、男傾城と承知で好きになった。 ...
  • どきりとしたが、私が自分の持つ傾城屋にいる遊女とはわからないだろうと思い直した。 ...
  • が、女で傾城屋にものをききにゆくわけにはゆくまい。
  • 彼女が堺へやって来たのも、傾城になったのも、どういうつもりか鵯には見当もつかない。 ...
  • よく知られた川柳にも「人は武士 なぜ傾城に嫌がられ」とある。 ...
  • また、一部の女性被害者は傾城として身を売って得た金銭で依頼した後、岡場所で働く事になる流れとなる場合もある。 ...
  • いつごろからそんなことになったのか、彼は傾城屋を通しておのれの絵をひさぐ習いになった。 ...
  • むろん大石に傾城屋で遊んでもらったお礼などではない。 ...
  • 華やかな王宮で、並ぶのは傾城けいじょうの美女でなくてはならない、そんな気にさせられる。 ...
  • それは彼の調べた七十八軒の家のうち、その三十一軒がある傾城けいせい屋から遊女を呼び入れており、六十五軒が古着買いを呼びこんでいることであった。 ...
  • 室町時代には、足利将軍家が京都の傾城屋から税金を徴収していた。 ...
  • 私が働いていた傾城屋も、遠目には昔と変わらないように見えたが、近づいてみたら、やはり寂れていた。 ...
  • しかし、いまは大盗に養われ、傾城屋に住む娘のはずであった。 ...
  • ともかくも傾城けいせい一人を身請けするというからには、相当の金がいるはずである、よほど遊んだ金を持っている奴でなければできないことじゃ。 ...
  • 傾城は卑しくて、卑しいものを売るお父っつぁんは卑しくはないのですか。 ...
  • そこには年の若い傾城けいせいが一人、なまめかしいひざを崩したまま、斜めにたれかの顔を見上げている。 ...
  • 不審は傾城屋にあるといったではないか。 ...
  • 次へ